トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

ドコモ新料金プラン「カケホーダイライトプラン」はどこまでお得になるか?

昨日16日にNTTドコモが新たな料金プランを発表しました。その名も「カケホーダイライトプラン」(以下カケホライト)。これは従来の月額2700円だったカケーホーダイプラン(以下カケホ)より1000円も安い月額1700円で利用できる定額通話プランです。スタートは2015年9月25日(金)からの予定。

ではこの定額プランが今までのプランに比べると、どの程度お得になるのでしょうか?2つのケースに分けて料金比較をしてみました。

ケース1 4人家族の場合

その他の設定は以下の通りにして計算。(25歳以下の方には、2016年1月21日からスタートしたドコモ新学割を適用しています。)

条件

・父は10年以上ドコモを利用

・新規購入なし

・シェアパック15を利用中

・25歳以下が2人

カケホライトの場合

 
通話料金 1700円 1700円 1700円 1700円
シェアパック15 12,500円 500円 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円 300円
U25割引 0円 0円 -800円 -800円
ずっとドコモ割 -800円 0円 0円 0円
合計 13,700円 2500円 1700円 1700円

 =合計19,600円

※「カケーホーダイライトプラン」で新学割プランを適用する場合は通話定額が800円の割引となる。(その代わり「U25応援割」の基本プラン500円割引は適用されない)

※10年以上継続のため「ずっとドコモ割」が適用され、父に800円の割引が生まれる。

 

カケホの場合

 
通話料金 2700円 2700円 2700円 2700円
シェアパック15 12,500円 500円 500円 500円
SPモード 300円 300円 300円 300円
U25応援割  ×  ×  -1300円 -1300円
ずっとドコモ割 -800円  ×  ×  ×
合計 14,700円 3500円 2200円 2200円

合計22,600円 

 

このように同じプランで比較した場合、3000円もカケホライトの方が安くなることが分かります。またカケホーダイプランでシェアパック10を利用した場合は21,200円となり、カケホーダイライトプランでシェアパック15を使った方が安くなるという計算にもなります。では次のケースを見てみましょう。

ケース2 1人で利用の場合

その他の設定は以下の通りにして、カケホプランとカケホライトプランを比較してみました。

条件

・26歳以上の社会人

・ドコモを利用してから5年

・現在データMパックを利用(5GB)

「カケホ」と「カケホライト」の比較

 カケホカケホライト
通話料金 2700円 1700円
データMパック(5GB) 5000円 5000円
SPモード 300円 300円
合計金額 8000円 7000円

 

この場合はそのまま1000円分安くなることになります。しかし、現在2GBのプラン(データSパック)を利用している人には注意が必要です。カケホライトでは2GBのプランが選択できません。上の設定で現状の2GBプランの場合、6500円となり、カケホライトでは損になる可能性があります。10年以上利用している場合は「ずっとドコモ割」が適用されるので、カケホライトの5GBの方が安くなります。分かりやすくするために比較表を作ってみました。

 

カケホー(2GB)、カケホライト(5GB)、カケホライト(5GB、10年以上利用)の比較

 カケホカケホライト

カケホライト

(10年以上)

通話料金 2700円 1700円 1700円
データSパック 3500円 × ×
データMパック(5GB) × 5000円 5000円
SPモード 300円 300円 300円
ずっとドコモ割 × × -600円
合計金額 6500円 7000円 6400円

 

このように10年以上利用されている場合は2GBのカケホーダイプランより料金が若干安くなります。

カケホーダイライトプランの注意点

この新しい「カケホーダイライトプラン」には注意点があります。この注意点を知っておかなければ逆に損をしてしまう可能性がありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

注意点

・5分以内の通話は無料(回数無制限)

・5分を超えた場合、30秒20円の通話料がかかってしまう(ファミリー割引の家族間通話は無料)

・2年定期契約の必要がある。契約期間なしの場合、1700円ではなく3200円となる

・データSパック(2GB)とシェアパック10は利用できない

・U25応援特割が適用されて1700円から850円割引される(その代わりU25応援割の基本プラン500円割引は適応されない)

U25応援特割以外の割引サービス

U25応援特割以外の割引サービスは以下のような割引となります。

割引サービス名カケホライト割引額適用後
ドコモにチェンジ割 1700円 -1350 350円
スマホ 1700円 -1350円 1350円
シニアはじめてスマホ 1700円 -850円 850円

まとめ

これまでに見てきたことからすると、「カケホーダイライトプラン」はネットやアプリをたくさん使うけどあまり電話はしないという方にお得なプランだと言えそうです。

しかし、そこまでネットを利用しない方や長時間の通話をする方には、逆に今まで以上に料金がかかってしまう可能性があります。プランを決める際は料金だけでなく、契約する際の条件をよくチェックしてから決めることをおすすめします。

 

ドコモの新料金プランを徹底分析!

tokumanabi.hatenablog.com

 

学割新プランを徹底比較!

tokumanabi.hatenablog.com

 

「格安SIMってイマイチ分からない」という初心者向けの解説記事です! 

tokumanabi.hatenablog.com