読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

【比較】auの新料金プランと割引サービスを徹底分析(2017年版)

f:id:dragon_post:20170125174409j:plain

携帯会社のスマートフォン料金プランを徹底分析、徹底解説するこの企画。前回のドコモ編に続いて、今回はauの料金プランを分析、解説します。auの料金プランですが、大まかな点に関していえば、ドコモの料金プランと大きな違いはありません。しかし、割引サービスや通話プランなど、au独自のプランも用意されています。

プランの組み方によっては年間で数万円、数十万円の差が生まれます。今回ご紹介する解説を参考に、最適なプランを見つけて頂ければと思います。

(2017年1月25日更新)

基本の料金プランを確認しよう

auの料金プラン基本体系は「通話プラン+LTE NET+データ定額サービス」です。通話プランとデータ定額サービスには、利用傾向に応じたプランが用意されていますので、まずはそちらを解説しましょう。

通話プラン

auには「カケホ」「スーパーカケホ」「LTEプラン」という、主に3つの通話プランがあります。それぞれの特徴を表にまとめてみました。

f:id:dragon_post:20160919104958p:plain

※1 「データ定額8、10、13」の新規受付は終了しました。現在契約中の方はそのまま利用出来ます。

 

この中で最も料金が高いのが「カケホ」です。毎月の料金は高いですが、24時間通話無料なので、通話頻度が多い方や通話時間が長い方におすすめです。逆に最も安いのが「LTEプラン」。こちらは基本料金が低く設定されていますが、通話料のかかるシステムになっています。LTEプランは通話をあまりしない人向けのプランです(ただし、7GB以上利用したい方は、スーパーカケホの方がおすすめ)。

2016年6月から解約金のかからない新2年契約プランスター

2016年6月1日より、3年目以降は解約金のかからない新しい2年契約プランがスタートしました。その名も「誰でも割ライト」。新プランの基本情報やお得度など、詳しい内容を知りたい方は新2年契約プラン解説記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160414232651g:plain

データ定額サービス

データ定額は通話プランよりもプランの種類が幅広く用意されています。こちらの表をご覧ください。

2016年9月15日より大容量データプラン「スーパーデジラ」がスタート(詳しくは後述)。

カケホ or スーパーカケホ選択のデータプラン

f:id:dragon_post:20160919105142p:plain

 

2016年9月14日までの旧データプラン

f:id:dragon_post:20160919111632p:plain

 

LTEプラン選択のデータプラン

f:id:dragon_post:20160203101826p:plain

プランの内容と1年間、2年間利用した場合の合計金額を入れました。LTEフラットはLTEプランを選択した場合のデータ定額サービスです。

2016年9月より「スーパーデジラ」スタート

2016年9月15日より大容量データプラン「スーパーデジラ」がスタートしました。プランは20GBと30GBの2種類。お得な料金で動画や音楽コンテンツが長時間楽しむことが出来ます。

デザリングオプションは2017年4月まで無料です。5月以降は月額1000円かかります(他のプランは無料)。

スーパーデジラ開始により「データ定額8、10、13」の新規受付は終了しました。すでに契約中の方はそのまま利用出来ます。

 

注意点 20GB、30GBプランでデータギフトの利用は不可

家族でパケットを分け合う「データギフト」は利用することは出来ません。家族の中で1人が20GB、30GBで契約し、それをみんなで分け合うことは不可となっていますのでご注意ください。

 

2016年3月より「データ定額1」がスタート

auは、2016年3月23日より「データ定額1」がスタートしました。容量は1GBで料金は2900円です。こちらはスーパーカケホ専用のデータ定額となっており、月額料金4900円で利用することが出来ます。つまり、月5000円を切るというauの中で最も安いプランが始まります。auスマートバリューと組み合わせることで、月3000円代も実現可能です。

 

注意点 「データ定額1」は毎月割が適用されない

データ定額1は、「毎月割」が適用されません。毎月割とは、ドコモの「月々サポート」とソフトバンクの「月々割」に当たる端末割引のことです。毎月割適用外のため、他のプランより料金を多く払う可能性があります。

例えば、iPhone6sの64GBモデルに機種変更する場合を考えてみましょう。端末価格はオンラインショップを参考にしています。

iPhone6sの64GBモデルへ機種変更の場合(税込)

f:id:dragon_post:20160705205956p:plain

なんと「データ定額3」の方が、2年間で9030円も安くなる計算に。このように端末代金によっては、「データ定額3」より損をしてしまう可能性があります。データ定額1はこの点に注意してください。

通話オプション

auには多くの割引サービスが用意されています。様々な種類があり、内容も複雑です。ここでそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

基本料金割引

誰でも割

大手携帯会社が行う2年契約のこと。これを契約しないと、カケホなどの通話プランが高くなる。

家族割

「誰でも割」と組み合わせることで家族間通話が24時間無料になる。最大10回線まで契約することができます。(1人1回線と仮定すると、10人まで組める)

 

通話料割

au国際通話定額

対象とする国の国際電話が1回につき15分まで、月50回であれば無料です。15分超えると30秒につき20円かかります。また月51回目以降の通話は回数超過料300円(1回)がかかります。

対象の国:中国(マカオ除く)、フィリピン、韓国、タイ、台湾、ベトナム、香港、マレーシア、インド、ネパール、ブラジル、ペルー、米国本土(アラスカ除く)、カナダ、メキシコ、ハワイ、グアム、イギリス、オーストリア、オランダ、ノルウェーポルトガルスウェーデン (2016年6月1日時点)

au通話定額24(LTEプラン専用)

auスマホauケータイ宛の通話が無料。毎月477円で加入できます。

通話ワイド24(LTEプラン専用)

どこにかけても通常の通話料の半額となります。月934円で加入できます。

au自宅割

自宅で「auおうち電話」を利用の方に限り、自宅宛の通話が無料となります。

auまとめライン

NTT加入電話KDDI電話サービスを利用の方は、「auケータイから自宅」「自宅から携帯電話」「自宅から固定電話」の3つの通話料がお得になります。月額400円。

auまとめトーク

auおうち電話」をご利用の方が「KDDIまとめて請求」などを利用した場合に限り、auケータイや指定された固定電話への通話が無料になるサービス。

auスマートバリュー

CMなどで、この言葉を耳にしたことがある方は多いのではないかと思います。auスマートバリューとは、スマートフォンやケータイの契約とauが提供する「電話+ネット」サービスを、セットで契約した方に適用される割引サービスのことです。

割引額は契約するデータ定額サービスによって異なります。詳しくは、下の割引表を参考にどうぞ。

f:id:dragon_post:20160919110718p:plain

※2 最初の2年間で計算しています 

auスマートバリューmine

auスマートバリューの他に「auスマートバリューmine」という割引サービスがあります。こちらはスマートフォンやケータイの契約と「モバイルルーターWiMAX)」を、セットで契約した方に適用される割引サービスです。

モバイルルーターって何?

モバイルルーターとは、インターネットに接続するための小型通信機器のことです。スマホやPCを無線LANモバイルルーターに繋ぐことで、ルーターが対応しているインターネット回線に接続することが出来ます。

 

こちらもスマートバリュー同様、データ定額によって割引額が異なります。下の割引表を参考にどうぞ。

f:id:dragon_post:20160919110737p:plain

 

よくある質問

Q1:auスマートバリューとauスマートバリューmineって両方契約したら、両方割引を受けられるの?

A:できません。どちらか一方の割引しか適用されませんので、ご注意ください。

新学割サービス「学割天国U18 / U25」

2017年1月13日から新学割キャンペーン「学割天国U18」「学割天国U25」がスタートしました。今回のキャンペーンでは18歳以下と25歳以下を対象とした2つの割引サービスが用意されています。キャペーンは2017年5月31日まで受け付けています。それではサービスの内容を見ていきましょう。

サービス内容

f:id:dragon_post:20170125174747p:plain

 

学割天国U18は利用データ量によって料金が変わるシステム

学割天国U18は新規契約もしくは他社からの乗り換えを対象としたプランです。18歳以下でも機種変更の方は、こちらのサービスではなく「学割天国U25」を利用することになります。

特徴的なのはパケットパック料金のシステムです。U18データ定額20は利用するデータ通信量によって毎月の料金が変わります。例えば、3GB利用した月はパケット代が3390円となりますし、20GB利用した月はパケット代が5500円となります。このように使う量で金額が決まるシステムです。

注意したいのは2点。まず1つ目は通話プランです。学割天国U18の通話プランはスーパーカケホしか選択できません。2つ目は「データギフト」「データくりこし」の対象外という点です。家族でデータ量を分け合うことが出来ませんので注意しましょう。

 

学割天国U25は毎月500円の割引が受けられるサービス

学割天国U25は機種変更の方も受けられる学割サービスです。データ定額20かデータ定額30を契約することが条件となっています。音楽や動画を頻繁に楽しむ方にとってお得な割引サービスです。U18とは異なり、こちらはかけ放題プランが選択できます。

学割天国U18同様「データギフト」の対象外なのでご注意ください。

料金プラン比較

一通りプランについて解説しましたが、気になるのは「結局どのプランがお得なの?」という点です。そこで様々なプランを条件別に分けて、料金比較してみました。

ケース1 個人で利用する場合 (通話なし)

ケース1では、個人での利用を考えてみます。auの料金プランを決める際に、まず最初に選択しなければいけないのが通話プランです。では、3つあるプランの中からどのプランを選べばよいのでしょうか?条件を設定した上で、料金を比べてみましょう。ちなみに通話はしないという設定で計算しています。

最低価格プラン

f:id:dragon_post:20160506120238p:plain

各プランの最低料金を並べてみました。「スーパーカケホ+データ定額1」の組み合わせが最も安い料金となりました。

ただし注意点があります。先ほども説明しましたが、データ定額1は端末割引の「毎月割」が適用外となっています。このプランで機種変更を行った場合、余計にコストがかかる可能性があります。

5GB以上のプラン

f:id:dragon_post:20160203112206p:plain

続いて5GB以上のプランです。通話を想定しないで並べると、「LTEプラン+LTEフラット」が最もお得でした。しかも他のプランに比べて、2GBも多い7GBが利用できます。通話を全くしないけど、ネットや動画は結構利用する方は「LTEプラン」を選びましょう。

7GBで合わせた場合の3プラン

f:id:dragon_post:20160203112215p:plain

3つのプランを7GBで合わせてみました。カケホとスーパーカケホには7GBのプランがないので、データ定額5に2GBを加えた形としています。その結果、LTEプランが2000~3000円も安い計算になりました。しかし、この比較表は通話時間を考慮していません。通話した場合については、ケース2でご紹介します。

8GBで合わせた場合の3プラン

「データ定額8」の新規受付は既に終了しています。現在契約中の方はそのまま利用出来ます。

f:id:dragon_post:20160203112223p:plain

最後に8GBで合わせて、料金計算を行いました。あれ?何か気付きましたでしょうか?カケホとスーパーカケホのプランをご覧ください。7GBの料金よりも8GBプランの方が安いではないですか!

このように、データ量を追加するより元からデータ量の多い定額プランと契約する方が安い場合があります。8GBも7GBと同様、通話時間を入れていないので、LTEプランがトップとなりました。

ケース2 個人で利用 (通話あり)

ケース1は通話をしない場合を考えたプラン比較でしたが、ケース2では通話時間を入れた場合の料金比較をしてみたいと思います。

5GB以上利用する場合

まずは5GB以上のプランで利用する条件で考えてみます。

LTEプラン vs カケホ

f:id:dragon_post:20160203112235p:plain

月に26分以下ではLTE、27分を超えるとカケホプランの方が安くなります。

LTEプラン vs スーパーカケホ

f:id:dragon_post:20160203112246p:plain

スーパーカケホとの比較では、月に2分以上通話するとスーパーカケホがお得という結果に。

7GB以上利用する場合

次に、7GB以上利用する条件で比較を行いました。

「データ定額8」の新規受付は既に終了しています。現在契約中の方はそのまま利用出来ます。

1回の通話比較

LTEプランに通話料が半額になる「通話ワイド24」を組み合わせたプランを入れて、1回の通話時間ごとの料金を比べてみました。

f:id:dragon_post:20160204182953p:plain

通話時間によってお得なプランが変化することが、上の表から見て取れます。47分から91分30秒までは、LTEプランに通話ワイド24を組み合わせたプランが最もお得となりました。通話料が半額になるからといって、とりあえず「通話ワイド24」を申し込んでしまうと、かえって余計な料金を支払う可能性がありますので気を付けましょう。

1回5分の通話比較

f:id:dragon_post:20160203112414p:plain

1回につき5分間の電話を繰り返した場合を考えてみました。1か月で9回以上通話を行うと、スーパーカケホが安くなります。それ以下では、LTEプランを利用する方がお得という結果が出ました。

8GBで利用する場合

最後に8GBで利用する場合のプラン比較を行いましょう。

1回の通話比較

f:id:dragon_post:20160203112436p:plain

ここで目安となる通話時間は45分です。1回に45分以上通話をする方、つまり1回の電話が長時間に及ぶ方はカケホプランを選択するのがベストといえます。

1回5分の通話比較

f:id:dragon_post:20160203112447p:plain

1回につき5分間の通話に関しては、4回がプラン選択の分かれ目となります。短時間の通話を4回以上繰り返す場合は、スーパーカケホのプランを選択する方がお得といえます。

比較から見えた、7・8GBを利用する際のおすすめプラン

それぞれの比較から通話時間によって、おすすめのプランが変化することがわかりました。結果を基に、おすすめプランを下の表にまとめました。

7GBおすすめプラン

f:id:dragon_post:20160203112517p:plain

8GBおすすめプラン

f:id:dragon_post:20160203112539p:plain

 

通話時間の確認をして、料金プランを見直そう

表からも分かるように、通話時間や通話傾向によってお得なプランが異なります。とりあえずのイメージで通話プランを選択していると、気付かずに損をしてしまう可能性があります。最適なプランに変更するだけでも、年間数千円、数万円の差が生まれます。今すぐにでも現状の通話時間や通話タイプを確認して、自分に合った料金プランを見つけましょう。

ケース3 新学割プラン 個人編

ここでは2017年1月からスタートした新学割プランの料金比較を行います。auには「学割天国U18」と「学割天国U25」という2つの学割サービスがあります。それぞれサービスが通常プランよりどの程度お得になるのか見ていこうと思います。

18歳以下(新規・乗り換え) 5GB利用の場合

f:id:dragon_post:20170125164311p:plain

 

18歳以下(新規・乗り換え) 20GB利用の場合

f:id:dragon_post:20170125164356p:plain

 

19~25歳(新規・乗り換え)、25歳以下(機種変更) 20GB利用の場合

f:id:dragon_post:20170125175430p:plain

 

利用データ量が20GB以上なら2年間で1万2000円お得

「学割天国U18」で5GB利用の場合、通常プランより毎月100円安く利用出来ます。2年間で2400円お得です。そして「学割天国U18」「学割天国U25」で20GB利用する場合、2年間で1万2000円も安くなります。ちなみに機種変更の方が利用出来るのは「学割天国U25」です。利用するにはデータ定額20以上の契約が必要なので、普段使うデータ量が少ない方には不向きなサービスといえます。

 

auオンラインショップへ

ケース4 家族で利用する場合

ケース4では家族での利用を考えてみたいと思います。auの場合、ドコモやソフトバンクにあるような家族向けのデータ通信プランはありません。その代わり、「データギフト」という通信量を分けあえるサービスが用意されています。

家族での利用は、このデータギフトの使い方が大きなポイントとなります。同じパケット量でも、プラン次第で料金が高くなる可能性があります。家族で効率的に分け合う方法を後ほど解説しますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

実験1

設定

・4人家族

・4人で合計20GBを利用

・25歳以下はなし

 

比較

f:id:dragon_post:20160203114807p:plain

 

データ定額の選択の仕方で料金は大きく変わる!

パターン2とパターン4では毎月1000円、2年間で2万4000円の違いがあります。同じ20GBでも、プランの組み方次第でこれだけ料金に差が生まれます。上の表で分かった方もいらっしゃると思いますが、お得なプランの組み合わせ方にはある法則があります。

家族でお得に使うための法則

家族の料金プラン比較を見て分かる通り、データ定額の組み合わせ方によって料金に差が出てしまいます。では、なぜこれだけ料金に差が生まれてしまうのでしょうか?

f:id:dragon_post:20160203114852p:plain

上の表をご覧ください。こちらは実験1で提示した表に、カケホ+LTE NETを除いて1GB当たりの金額を加えた表です。この表で最もお得だったのはパターン4。赤で囲んだ「1GB当たりの金額」を見てみると、パターン4の金額が最も安いことが分かります。まあ当たり前ですよね。つまり、1GB当たりの合計金額が最も安いパターンがお得なプランということになります。

ここで大事なポイントは、データ定額プランごとの1GB料金を知っておくことです。そこで、1GB当たりの金額をデータ定額別の表にしてみました。下の表を見ても分かるように、データ量が増えるにつれて料金が下がります。

f:id:dragon_post:20160203114938p:plain

「データ定額13」と「データ定額2」では、なんと1000円もの差があります。1つ具体例を考えてみましょう。2人で10GBを利用するとして(1人で5GB)、1GB当たりの金額を2つのパターンで比べたところ、このようになりました。

データ8(1750円)+データ2(838円)= 2588円

データ5(1000円)+データ5(1000円)= 2000円

ご覧の通り、データ5とデータ5のコンビの方が安い計算になります。このように通信量の多いご家庭では、1GB当たりの金額が最も高い「データ定額2」や「データ定額3」の利用をいかに避けるかが1つのポイントだといえます。

ケース5 家族で新学割プランを利用する場合

最後に25歳以下のお子さんがいる家族を想定した料金比較を行います。新学割プランを利用すると、合計いくらの節約が可能となるのでしょうか。ここでは2つのパターンに分けて料金比較を行います。

パターン1 「学割天国U18」利用の場合

条件設定は以下の通りです。

設定

・4人全員、新規契約 or 他社から乗り換え

・18歳以下のお子さんが2人

 

4人で20GB利用

f:id:dragon_post:20170125170029p:plain

 

4人で50GB利用

f:id:dragon_post:20170125170047p:plain

 

4人家族なら2年間で最大7万2000円の節約が実現

学割天国U18を利用で家族の方も新規・乗り換え契約を行う場合、18歳以下の方は毎月1000円の割引が適用されます。このように学割天国U18は家族で契約すると、よりお得になる制度です。

例えば20GB利用するお子さんが2人の場合、通常プランより毎月3000円も安い計算となります。2年間で7万2000円もお得。これだけあれば家族旅行に行けますね。ちなみに今回の学割キャンペーンは「データギフト」の対象外となっています。データ量が足りないからといって、お子さんからもらうことは出来ませんのでご注意ください。

パターン2 「学割天国U25」を利用の場合

条件設定は以下の通りです。

設定

・4人全員機種変更(もしくは新規・乗り換え)

・25歳以下のお子さんが2人

 

4人で50GB利用

f:id:dragon_post:20170125171159p:plain

 

家族4人で機種変更なら6万6000円もお得になります

学割天国U18に比べると、お得度は劣ります。しかし、それでも2年間で2万4000円の節約が可能です。また、機種変更の方にはさらにお得な割引サービスがあります。その名も「U25家族もおトク機種変更キャンペーン」。対象の端末を購入すると1台につき最大1万円の割引が受けられます。家族の方も対象なので4人全員で機種変更すれば、なんと4万円もの割引が実現します。学割天国U25の割引を加えると、合計で6万6000円もお得な計算に。是非この機会に最新機種を購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

auの料金プランで大事なポイントをおさらいしましょう。

おさらい

・基本の料金体系は、「通話プラン+LTE NET+データ定額サービス」

・ネットや固定電話などと同時契約で割引サービスが受けられる

スマホ料金を安くするポイントは「通話頻度」と「通話時間」

・家族でお得に利用するには、データ定額の組み合わせが大事

 

使用状況を確認して、最適な料金プランを見つけよう

auの場合、通話傾向やデータの組み合わせによって、お得なプランが変わってきます。また、割引やオプションサービスを活用することで、携帯料金をより安く抑えることが可能となります。携帯の料金プランはどんどん複雑化しており、分かりにくい部分を多いです。本当はもっとお得なプランがあるのにも関わらず、理解していないがために損をしている方も少なからずいらっしゃいます。料金プランの設定で、年間数万円の損をするのは非常にもったいないです。

まずはもう一度、現在契約中の料金プランを見直してみましょう。その上で今回の解説記事を参考にしながら、最適な料金プランを探してみることをおすすめします。

 

auオンラインショップへ

乗り換え(MNP)ならどこがお得?(2017年1月最新版)

f:id:dragon_post:20160309183415g:plain