読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

【比較】ドコモの新料金プランと割引サービスを徹底分析(2017年版)

f:id:dragon_post:20170117184145j:plain

 スマートフォンは今や日常に欠かせないものでありますが、家計への負担も大きくなっています。なるべくでも無駄な出費は抑えたい所。そこで重要となるのが、料金プランです。最適なプランを組むことで、効果的な節約につなぐことができます。

しかし、携帯各社の料金プランは複雑な仕組みで、分かりにくい点も多く見受けられます。「色々見たけど、結局どのプランがお得なのかわからない!」。そんな悩みをお持ちの方に向けて、大手各社のスマホ料金プランを徹底分析し、詳しく解説します!今回、分析・解説するのはドコモです。この記事が少しでも、プランの組み立てに役立てれば幸いです。

まずは基本となる料金プランを確認しよう

スマートフォンの契約基本体系は、「基本プラン+SPモード+パケットパック」です。それではまず、「基本プラン」と「パケットパック」について解説します。

基本プラン

ドコモでは、「カケホーダイプラン(以下『カケホーダイ』)」と「カケホーダイライトプラン(以下『カケホーダイライト』)」という、2種類の通話プランが用意されています。旧プランである「Xiカケホーダイ」は、すでに受付を終了していますので、ご注意下さい。「カケホーダイ」と「カケホーダイライト」の詳しい内容を説明します。

カケホーダイプラン

・国内向けの電話が定額で24時間し放題

・月額料金は2700円(2年契約が必要)

・2年契約をしない場合は、月額4200円かかる

・2年契約の途中で解約する場合は解約金9500円がかかる

 

カケホーダイライトプラン

・国内向けの通話が、1回につき5分以内なら電話し放題

・5分を超えると、通話料(30秒につき20円)がかかる

・月額1700円(2年契約が必要)

・2年契約をしない場合は、月額3200円

・2年契約の途中で解約する場合、解約金9500円がかかる

・2017年1月30日からデータSパックも選択可能となった

・ファミリー割引を契約している場合、家族間の通話であれば、5分を超えても無料となる

 

シンプルプラン (シェアパック専用)

・2017年5月24日から受付開始(カケホーダイ、カケホーダイライトから変更の方は2017年6月1日より適用開始)

・月額980円

無料通話分はなく、通話料(30秒につき20円)がかかる

・2年契約なしは月額2480円

・2年契約の途中で解約すると、解約金9500円が発生する

・シェアパック専用プランのため、個人向けパケットパックと一緒に使えない

・「ドコモの学割」「はじめてスマホ割」といった割引キャンペーンとの併用は不可

・U25応援割、ずっとドコモ割との併用は可能

・シェアグループ内の通話は無料

 

2017年5月「シンプルプラン」スタート

2017年5月24日から新通話プラン「シンプルプラン」がスタートします。シェアパック専用で、通話の少ない方に適したプランとなっています。

あまり通話を利用しない方は、「シンプルプラン」、通話時間の短い方は「カケホーダイライトプラン」、1回の通話時間が長い方は「カケホーダイプラン」の選択をおすすめします。

 

通話プランしか選べないの?

ドコモには通話プランの他に、データ通信のみが利用できる「データプラン」が用意されています。音声通話は出来ませんのでご注意ください。ただデータのみであれば、格安SIMの方が圧倒的にお得なので、こちらを申込むメリットはあまりないといえそうです。

パケットパックを確認しよう

通話プランを選んだら、次は「パケットパック」を選びましょう。パケットパックとは、ネットやメールなどのデータ通信をする際に、必要なデータ容量のパックです。容量が大きければ大きいほど、動画やネットをたくさん見る事ができます。それでは、ドコモで用意されている「パケットパック」を見てみましょう。

1人向けパケットパック

データSパック

・月額料金は3500円

・利用できるデータ量は2GB

データMパック

・月額料金は5000円

・データ量は5GB

ウルトラデータLパック 

・月額料金は6000円

・データ量は20GB

ウルトラデータLLパック

・月額料金は8000円

・データ量は30GB

 

家族向けパケットパック

家族向けのパケットパックの特徴は、家族でデータをシェア出来ることです。例えば2人で使用できるデータ量が10GBの場合、2人で半分ずつ(5GB)使うことも出来ますし、1人が9GBで、もう1人が1GBなんてことも可能です。家族が一人ごとに契約するより、シェアできる家族向けプランを選んだ方が、料金としては圧倒的にお得です。

シェアパック5

・月額6500円

・データ量は5GB

シェアパック10

・月額9500円

・データ量は10GB

シェアパック15

・月額1万2500円

・データ量は15GB

ウルトラシェアパック30(2017年5月24日スタート)

・月額1万3500円

・データ量は30GB

ウルトラシェアパック50

・月額1万6000円

・データ量50GB

ウルトラシェアパック100

・月額2万5000円

・データ量100GB

2016年6月から「新2年契約プラン」がスタート

2016年6月から「新2年契約プラン」がスタートしました。利用開始から3年目以降は、いつ解約しても解約金がかからない新たなプランが追加されました。「新2年契約プラン」は、2つのコースから選択するシステムです。詳しいプラン内容については、「新2年契約」の解説記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160414232651g:plain

割引サービスを知ろう

ドコモには様々な割引サービスが用意されています。割引サービスは、常に用意されているものと、期間限定のものがあります。今回は、通常時の割引サービスをご紹介します。

ずっとドコモ割

ずっとドコモ割とは、ドコモの利用年数に応じて割引が受けられるサービスです。年数や契約しているパケットパックによって割引額が異なります。下の割引額一覧表を参考にして下さい。

個人向けパケットパック

f:id:dragon_post:20160913232958p:plain

 

家族向けパケットパック

f:id:dragon_post:20170430155703p:plain

注意点とポイント

シェアパックの場合は、代表者回線の年数に応じて割引となります。4人が10年以上利用しているからといって、4人ごとに割引がされるわけではないので気を付けましょう。シェアパックをご利用の方は、利用年数が一番長い人を代表者回線にするとお得です。

 

U25応援割

こちらは25歳以下の方が受けられる特典サービスです。「カケホーダイ」「カケホーダイライト」「シンプルプラン」を契約の方は、毎月1GBのボーナスパケットがもらえます。加えて「カケホーダイ」を契約の方には、毎月500円の割引があります。

※「シンプルプラン」は2017年5月提供開始です

 

はじめてスマホ

ドコモのFOMAケータイからスマホへ機種変更する方や、他社のガラケーからドコモのスマホへ乗り換える方は「はじめてスマホ割」が適用されます。

カケホーダイプランなら毎月1520円の割引、カケホーダイライトプランなら毎月850円の割引が2年間に渡って適用されます。

60歳以上の方なら「シニア特割」が適用され、カケホーダイライトプランでも毎月1520円の割引となります。

期間は2017年5月31日までとなっています。

条件

f:id:dragon_post:20170424220050p:plain

 

割引額

f:id:dragon_post:20170424220108p:plain

 

ドコモの学割

2017年1月20日から期間限定の学割キャンペーンがスタートします。その名も「ドコモの学割」。ドコモへ乗り換えもしくは新規契約の方、FOMAガラケーからの機種変更の方は月1000円の割引が1年間にわたって適用されます。そして、このキャンペーンはU25応援割との併用が可能です。カケホーダイプランなら1年目は毎月1500円が基本料金から割り引かれます。

FOMAガラケーからの機種変更や他社のガラケーから乗り換えの方は「はじめてスマホ割」との組み合わせでさらにお得になります。

既にドコモを利用中の方にも学割特典があります。スマホのカケホーダイプランかカケホーダイライトプランに契約している25歳以下の方で、「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」「ウルトラシェアパック50」「ウルトラシェアパック100」(シェアパックは子回線も含む)のいずれかと契約した方には毎月1000ポイント(1ポイント=1円)のdポイントが1年間に渡ってもらうことが出来ます。

条件と内容を表にまとめてみました。

新規契約 or 乗り換えの方

f:id:dragon_post:20170118141848p:plain

f:id:dragon_post:20170118142043p:plain

 

既にドコモのスマホを利用中の方

f:id:dragon_post:20170118142112p:plain

f:id:dragon_post:20170118142128p:plain

 

FOMAケータイからの機種変更と他社ケータイからの乗り換え

f:id:dragon_post:20170424214104p:plain

「はじめてスマホ割」+「ドコモの学割」の割引額

f:id:dragon_post:20170424214159p:plain

 

「はじめてスマホ割」×「ドコモの学割」の注意点

「はじめてスマホ割」と「ドコモの学割」の割引は通話プランからの割引されます。割引額が通話プランの料金を上回る場合でも、上回った分の割引額を通話プラン以外の部分に充てることは出来ません。

具体例 

カケホーダイライトの場合

1700円(カケホーダイライト)-1850円(「はじめてスマホ割」+「ドコモの学割」)=0円(-150円)

 

余った150円の割引をネット接続サービス(300円)やパケットパックに適用することは出来ません。つまり、150円の割引はなかったことになります。

料金まとめ

ここまで解説してきた料金プランと割引サービスを表にまとめてみました。

カケホーダイプラン

f:id:dragon_post:20170117175758p:plain

 

カケホーダイライトプラン

f:id:dragon_post:20170130225231p:plain

 

 

ドコモ公式オンラインショップへ移動する

スマホ料金プランを人数別に徹底比較!

基本的な料金体系が分かった所で、実際にどれくらいお金がかかるのか、料金プランを徹底比較したいと思います。今回は1人~4人の場合に分けて比較を行いました。契約する際の参考にどうぞ。

設定

・全員「カケホーダイプラン」を契約

・25歳以下は、いない設定とします。

・「ずっとドコモ割」などの割引プランは、料金に適用していません

1人で契約の場合

f:id:dragon_post:20170117175758p:plain

※1 2年契約の場合。2年契約の途中で、解約の場合は9500円かかる。定期契約なしだと4200円/月です。

 

2人で契約の場合

次に、2人以上で契約した場合の料金比較を行います。シェアパックの場合、子回線(シェアパック代を負担する代表回線以外)に毎月500円のシェアオプション代がかかります。

ウルトラシェアパック30は2017年5月24日から受付開始です。

f:id:dragon_post:20170501211911p:plain

f:id:dragon_post:20170501211924p:plain

※2 カケホーダイ(2700円)、SPモード(300円)、パケットパックを合計した料金となります。

3人で契約の場合

f:id:dragon_post:20170501211946p:plain

f:id:dragon_post:20170501211958p:plain

4人で契約の場合

f:id:dragon_post:20170501212013p:plain

f:id:dragon_post:20170501212025p:plain

データ量が多いほど1GB当たりの料金がお得

この料金プランは利用データ量が多ければ多いほど1GB当たりの料金がお得なのが特徴です。実際に数的データを見てみましょう。下の表は、1GB当たりの毎月料金を比較したものです。

個人

f:id:dragon_post:20170117182108p:plain

 

家族

f:id:dragon_post:20170501212049p:plain

個人で見た場合データSパックは1GB当たり1750円もかかりますが、ウルトラデータLパックは1GB当たり約267円となります。その差は約1483円。家族で見ると、シェアパック5が1300円でウルトラシェアパック100が250円です。2つの差は1050円。この表からプランによって1GB当たりの金額が大きく変わってくることがわかります。

 

ドコモの利用年数が長い方や、25歳以下のお子様が多い家庭もお得!!

更に、ドコモの利用年数が長い方や25歳以下の方が多いご家庭は、お得な料金で運用することが可能です。なぜなら、先ほど解説した「ずっとドコモ割」と「学割」の割引サービスが活用できるからです。では一体どのくらい安くなるのでしょうか?

1人と4人家族で利用する場合を、比べてみましょう。ちなみに料金プランは、1人当たり20GB以上を利用するとします。まずは1人分の料金を見てみましょう。

f:id:dragon_post:20170117182154p:plain

次に4人家族の場合です。4人家族の設定はこのようにしました。

設定

・父は15年以上ドコモを利用している

・子供は2人で、2人とも25歳以下

・学割は2017年1月20日からスタートする学割プランを適用

上記の設定を基に、料金を計算してみました。

f:id:dragon_post:20170117182210p:plain

比較結果

f:id:dragon_post:20170117182226p:plain

この設定を基にすると、4人家族の方が1人に比べて、毎月500円安く利用できる計算となりました。2年間だと1万2000円もの違いが。しかも5.5GBも多く利用することが出来ます。1人でご利用の方は4人家族に比べて、とても損だといえます。逆に、家族の方にはお得な料金プランだといえますね。

新プランと旧プランではどちらがお得?

2014年に始まった新料金プラン。これから新たに契約をする方やプラン変更をする場合は、新料金プランを選択しなければいけません。では、旧プランと新プランではどちらの方がお得なのでしょうか?

f:id:dragon_post:20160126223158p:plain

上の表から分かる通り、旧プランは7GBで月額6743円なのに比べ、新プランは2GBで月額6500円となっています。このプランから分かることは、次の通りです。

新プラン:通話時間が長い方や通話頻度が多い方におすすめ

旧プラン:ネット利用が多く、通話をあまりしない方におすすめ

旧プランはあまり通話をしなければ安く済みますが、通話時間が長いと料金が高額になってしまいます。新プランの方は何時間かけても2700円ですが、使えるデータ2GBです。自分の利用傾向を見極めて、旧プランでいくか新プランに変更するか決めましょう。ちなみに、一度新プランを選択したら旧プランに戻ることは出来ませんので、その点も覚えておきましょう。

まとめ

最後に、ドコモのスマホ料金プランをおさらいしましょう。

料金プランをおさらい

・通話プランは「カケホーダイ」と「カケホーダイライト」がある

・2017年5月24日から新通話プラン「シンプルプラン(シェアパック専用)」が登場

・パケットパックは「1人用」と「家族用」がある

・常時用意されている割引サービスは「ずっとドコモ割」と「U25応援割」の2つ

 

お得になるのはこんなタイプの方

・家族でご利用の方

・一緒に契約する人数が、多ければ多いほどお得

・25歳以下のお子さんがいるご家庭

・ドコモの利用年数が長い方

 

 「割引サービス」を活用して、最適な料金プランを選択しましょう

いかがでしたでしょうか?ここまでのおさらいを見ていくと、「契約年数」や「契約人数」が、お得に利用するためのポイントであることが分かります。「ずっとドコモ割」や「U25応援割」の割引サービスに加えて、期間限定の割引を上手く活用すれば、今以上にお得な料金で運用することができます。それぞれの制度をよく見極めて、自分に合った料金プランを選択しましょう。

 

公式オンラインショップはこちら

他社に乗り換えるならどこがお得?(2017年4月最新版)

f:id:dragon_post:20160309183415g:plain

通話をほとんど利用しない方や月額料金をもっと抑えたい方は、格安SIMの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

携帯料金が1000円に!?初めての格安SIM 導入編 - トクマナビ