読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

UQモバイルの料金プランを徹底解説(2017年版)

格安SIM・ケータイ 格安SIM・ケータイ-料金プラン解説

f:id:dragon_post:20161025122129j:plain

電車の広告やCMなどで最近見かける機会も増えてきた「UQ mobile」。2016年7月にはワイモバイルに続き、「iPhone5s」の販売をスタートしたことでも話題になりました。今回はそのUQバイルが提供するサービスを徹底分析したいと思います。

2017年2月2日更新)

 表示の価格は全て税抜きです

UQバイル」とは?

UQmobieのサービスを展開するUQコミュニケーションズは、KDDIグループの移動通信事業者です。事実上のauサブブランドとも言われています。

基本となる料金プランを見てみよう

UQには大きく分けて2つのプランがあります。

通常プラン

f:id:dragon_post:20161025110645p:plain

※1 通信速度は最大送受信500kbpsです

ぴったりプランとたっぷりプラン

f:id:dragon_post:20161025110658p:plain

2017年2月22日より5分かけ放題のおしゃべりプランが登場

2017年2月から2分以内なら何回かけても無料となる新プラン「おしゃべりプラン」がスタートします。詳しくは解説記事をご覧ください。

f:id:dragon_post:20161025184327g:plain

ぴったり・たっぷりプランについて

W増量キャンペーン

現在「W増量」キャンペーンが実施中です。ぴったりプランを契約した場合、「無料通話時間」と利用データ量が2年間に渡って2倍となります。たっぷりオプションを追加すれば、無料通話が月120分間、データ量は6GBまで利用することが出来きます。

f:id:dragon_post:20161025110735p:plain

 

注意  auからの乗り換えは無料通話2倍の対象外

W増量キャンペーンには注意点があります。auから乗り換えの場合、無料通話時間2倍のサービスは適用されません。適用となるのは「データ量2倍」のみとなっています。

2016年10月25日からおしゃべりプラン新登場キャンペーン開始

2017年2月の「おしゃべりプラン」スタートを記念して、ぴったりプランとたっぷりプランの無料通話分3倍になるキャンペーンがスタートしました。

f:id:dragon_post:20161025110756p:plain

対象

2016年10月25日~2017年2月21日までに新規契約またはMNPで「ぴったりプラン」か「たっぷりプラン」に加入した方

適用期間

2016年11月~2017年2月ご利用分

※2017年3月1日からは「ぴったり⇒おしゃべりプランS」「たっぷり⇒おしゃべりプランM」へ自動移行します。

「スマトク割」と「イチキュッパ割」

ぴったりプランには割引サービスが2つ用意されています。1つ目は「スマトク割」。こちらは利用開始月から25か月目まで毎月1000円割引されます。

2つ目は「イチキュッパ割」です。利用開始月から13か月目まで、基本料金から毎月1000円割引となります。スマトク割とイチキュッパ割で計2000円も毎月安くなる計算です。

 

注意  auからのMNPはイチキュッパ割のみ適用

auから乗り換えの方は、「イチキュッパ割」のみの適用となります。スマトク割の対象外なので、他社からの乗り換えに比べて月1000円高いことに注意しましょう。

 

長期利用割引

26か月目以降もUQを利用する場合は、「長期利用割引」が適用されます。毎月1000円の割引となります。長期利用割引はauからの乗り換えも適用となるので、26か月目以降は前の月より安く利用することが出来ます。

 

UQ学割

2017年1月26日からUQバイルで新学割キャンペーン「UQ学割」がスタートしました。新規契約もしくは他社から乗り換えでなおかつ18歳以下の方は毎月1000円の割引が1年間適用されます。

割引の仕組みは多少複雑なので説明します。割引はすぐに適用されるわけではありません。UQ学割は契約月を1か月目として、14か月目から1年間の割引がスタートします。つまり、契約1年目はワンキュッパ割の毎月1000円割引、2年目はUQ学割の毎月1000円割引というように、2年間に渡って毎月1000円の割引が適用されます。19歳以上のユーザーに比べて2年間で1万2000円安い計算です。

 

適用される割引、キャンペーン(タイプ別)

タイプ別に適用される割引とキャンペーンをまとめてみました。

f:id:dragon_post:20170202182734p:plain

割引やキャンペーンを含めたプラン内容

では割引サービスやW増量を含めた場合のぴったりプランを確認しましょう。

料金プラン

f:id:dragon_post:20161025205025p:plain

 

auからの乗り換え

f:id:dragon_post:20161025205047p:plain

 

学割料金プラン(新規、ドコモ、ソフトバンクから乗り換え)

f:id:dragon_post:20170202182910p:plain

※2 3年目以降は月1000円プラスとなります

 

学割料金プラン(auから乗り換え)

f:id:dragon_post:20170202182930p:plain

UQバイルのデメリット

UQバイルにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット1  iPhone7など大手キャリアの販売する機種がない

UQバイルには「iPhone7」や「Xperia XZ」といった大手3社の販売する最新機種がありません。iPhone7や6sを利用したい方は、別途AppleストアなどでSIMフリーの端末を購入する必要があります。SIMフリーの端末価格は大手キャリアより数万円も高いので注意しましょう。

大手が販売する新機種はありませんが、UQにはASUSの「ZenFone3」やファーウェイの「P9 lite PREMIUM」、シャープの「AQUOS L」といった端末価格が安く高性能な最新スマートフォンが用意されています。

 

デメリット2 契約期間がある

データ専用のプランは契約期間がナシとなっています。しかし、音声付きプランとぴったり・たっぷりプランは一定の契約期間があり、途中で解約の場合は契約解除料がかかります。契約期間と解約料は以下の通りです。

f:id:dragon_post:20161025113345p:plain

よくある質問1 通信速度は遅いの?

大手キャリア以外で契約する際に気になる事といえば、データ通信速度です。料金が格安ということもあり、通信速度が遅いのではないかと心配になる方も多いと思います。では実際のところ、UQバイルの通信速度はどうなのでしょうか?

UQバイルは高速データ通信「au 4G LTE」に対応。2016年8月にITmediaが行った「速度調査(au回線・Y!mobile)8月編」では、UQバイルが大手キャリアに負けない通信速度を記録しました。このような実際の結果から、速度面の問題はないといえます。ちなみに2015~2016年にかけて、「RBB TODAY 格安SIMアワード」の通信速度部門で2年連続の1位を受賞しています。

 

よくある質問2 キャリアメールはないの?

あります。月200円の料金を支払えば、「○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスでメール機能が利用出来ます。

 

よくある質問3 サポート体制は充実してるの?

格安SIMを販売する携帯会社は大手と比べて、サポートの充実度が低いと言われていますが、最近はサポート体制に力を入れる会社も増えてきました。UQmobileもその1つ。UQでは電話で分からないことを相談できる「UQお客様サポートセンター」や端末補償サービス(有料)、訪問サポート(有料)といったサービスを提供しています。

サポートオプション一覧

f:id:dragon_post:20161025110903p:plain

2016年10月から新サポートサービスが開始

2016年10月25日からは2つの新サポートサービスがスタートしました。まず1つ目は「UQあんしんサポート」。UQバイルのオペレーターがリモート操作で、スマートフォンやパソコン、周辺機能の設定や操作をお手伝いしてもらえます。電話帳移行やアプリの設定など、機械操作に慣れていない方には難しい操作もスムーズに行うことが出来ます。

2つ目は「filii(フィリー)」です。お子様が利用するSNSスマートフォンの利用データを分析し、通知してもらえるサービスです。SNSの利用時間やどんな人とつながっているのか把握することが可能なので、事前にリスクを避けることが出来ます。子供にスマホを渡すのが心配な方には、嬉しいサービスとなっています。

 

UQあんしんサポート」

料金:月額350円(初回2か月間無料)

「filii(フィリー)」

料金:月額300円(初回2か月間無料)

 

UQバイル公式オンラインショップへ

基本プラン料金比較1 2GBプラン

UQはドコモ、auソフトバンクの料金プランと比べてどの程度お得なのでしょうか?利用データごとに比較をしてみましょう。まずは2GBプランです。

f:id:dragon_post:20170202183006p:plain

※3 3年目以降(26か月目以降)は半分のデータ量になります

大手より10万円近くも安い料金設定

ぴったりプランなら大手3社の2GBプランより、2年間で9万6480円も安い料金設定となっています。ぴったりプランの場合、26か月目以降はデータ量が毎月1GBとなるので、注意しましょう。

プラン比較2 5GB以上

f:id:dragon_post:20170202183032p:plain

 

2GBプランより差は少ないものの、8万円以上の開きがある

たっぷりプランなら、2年間で8万3520円の料金で利用することが出来ます。2GBプランより差は縮まりましたが、それでも2年間で8万円以上も大手より安くなっています。8万円なら旅行にも行けちゃう金額です。月120分の無料通話も付いてくるので、非常にお得だといえます。

プラン比較3 10GB以上

UQバイルの「プランL」は2017年2月22日からスタートのプランです。

f:id:dragon_post:20170202183052p:plain

 

プランLが新登場

UQバイルでは2017年2月22日から新プラン「おしゃべりプラン」が登場します。新プランの登場と同時に、データ量の大きいプランが追加されることになりました。それが(おしゃべり / ぴったり)プランLです。最初の2年間は毎月14GB利用できます。

ぴったりプランLとおしゃべりプランLの料金、利用データ量は同じです。異なるのは通話プランです。ぴったりプランLでは毎月180分の無料通話分がもらえます。180分を超えると、30秒につき20円の通話料がかかります。おしゃべりプランLは5分以内の通話なら何度かけても無料です。5分を超えると、30秒につき20円の通話料が発生します。

プランLは大手キャリアに比べて6万円以上安く利用できます。

学割料金プラン比較1 2GBプラン

UQバイルの新学割サービスは大手3社と比べてどの程度お得なのでしょうか?料金プランの比較をしてみましょう。

f:id:dragon_post:20170202183151p:plain

 

毎月1980円という安さは魅力的

大手キャリアの学割サービスと比べると、圧倒的に料金はお得です。2年間で4万7620円と他社より9万円以上安い計算です。

学割プラン比較2 5GB以上プラン

f:id:dragon_post:20170202183206p:plain

 

auソフトバンクより10万円以上安い結果に

UQバイルのたっぷりプランはauソフトバンクより2年間で10万円以上安く利用出来ます。しかも、最初の2年間は他社より利用データ量が毎月1GB多いので非常にお得だといえます。しかし、3年目以降は毎月3GBとなりますのでご注意下さい。

学割プラン比較3 10GB以上プラン

f:id:dragon_post:20170202183222p:plain

 

10GB以上利用出来て、毎月5000円以内で運用できるUQバイ

UQバイルなら毎月4900円で14GB(最初の2年間)利用することが出来ます。他社より7万円安い計算です。しかし、大手キャリアに比べて毎月利用出来るデータ通信量が少ない点は注意が必要です。

 

端末代金を含む料金比較1 1GB以上のプラン

スマホとセットで契約した場合の料金比較をしてみました。条件設定は以下の通りです。比較対象は端末価格の安いソフトバンクにします。

UQバイ

・他社から乗り換え

auからの乗り換えパターンも計算

・ZenFone3を購入

ソフトバンク

・他社から乗り換え

Xperia XZを購入

 

1GBプラン

f:id:dragon_post:20170202183244p:plain

 

端末代金は高いが、基本プランの安さで大手を圧倒

最新機種「ZenFone3」でぴったりプランを利用する場合、端末代金は2万4000円かかります。ソフトバンクの「Xperia XZ」より1万5200円も高いです。しかし、基本プランが9万円以上の差があるおかげで、8万1280円も安い結果となりました。auから乗り換えは月1000円ほど高くなりますが、それでも大手よりもお得な料金での運用が可能です。

端末を含む料金比較2 3GB以上のプラン

条件は先ほどと同じです。

3GB以上のプラン

f:id:dragon_post:20170202183313p:plain

 

最初の2年間は6GBも使えて、料金もお得

たっぷりプランを選択した場合、ZenFone3の端末代金はぴったりプランの半額近く安い料金設定です。ソフトバンクとの差は1GB以上プラン比較と同じ結果でした。最初の2年間はソフトバンクのプランより1GB多く使えますし、無料通話が月120分間もあります。携帯料金が月3000~4000円に抑えられる事は、家計にとって大きなメリットだといえます。

端末を含む料金比較3 20GB以上のプラン

条件は他と同じです。

20GB以上のプラン

f:id:dragon_post:20170202183334p:plain

※4 プランLの端末代金はまだ未発表なのでプランMの端末代金を参考にしています 

料金を選ぶか利用データ量を選ぶか

料金で見るとUQバイルの「プランL」がお得です。ソフトバンクより6万円近く安い計算です。

一方、利用データ量で選ぶなら大手キャリアの方がお得です。大手キャリアのプランなら毎月20GB利用出来ます。1GB当たりの料金がUQバイルより安い点もメリットとして挙げられます。

端末を含む料金比較(学割編)1 1GB以上のプラン

ここでは学割対象となる18歳以下の方がスマホとセットで契約した場合のお得度を考えてみたいと思います。比較対象はUQバイルと同じく、18歳以下の学割サービスを提供するauにします。設定は以下の通りです。

UQバイ

・18歳以下

・他社から乗り換え

auからの乗り換えパターンも計算

・ZenFone3を購入

UQ学割に加入

au

・18歳以下

・他社から乗り換え

Xperia XZを購入

・学割天国U18に加入

 

料金プラン

f:id:dragon_post:20170202183432p:plain

端末代金によっては毎月2000円以内で運用可能

ドコモやソフトバンクからの乗り換えや新規契約でZenFone3を購入する場合、毎月3030円で利用することが出来ます。auに乗り換えるケースよりも8万円近いコストカットが実現します。

また、「P9 lite PREMIUM」や「AQUOS L」といった端末なら毎月の支払が2000円以内に抑えられます(最初の2年間)。2年間で掛かる料金はわずか4万8000円。大手3社では実現できない料金です。

端末を含む料金比較(学割編)3 5GB以上のプラン

設定は先ほどと同じです。

料金プラン

f:id:dragon_post:20170202183508p:plain

 

学割の割引額はUQバイルの方がauより大きい

auの学割天国U18は5GB利用した場合の料金が、通常のプランに比べて毎月100円安くなります。一方、UQバイルのUQ学割は毎月1000円の割引が1年間に渡って適用されます。5GBプランに関していうと、UQの方がauより2年間で9600円も割引額が大きい計算です。

端末より料金にこだわる方はUQバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

端末を含む料金比較(学割編)3 10GB以上のプラン

設定はこれまでの料金比較と同じです。

料金プラン

f:id:dragon_post:20170202183549p:plain

 

通信量が大きくかかる動画やゲーム、音楽をどの程度利用するか

通常のプランと同様に料金だけを考慮すれば、UQバイルがお得です。しかし、契約年数や乗り換え状況によって利用データ量が大きく異なる点には注意が必要です。まずauから乗り換えの方は毎月の利用データ量は7GBまでとなっています。

そしてドコモやソフトバンクからの乗り換えや新規契約の方は毎月14GB利用出来ますが、3年目以降は月7GBまでしか使えません。毎月15GB以上かかる可能性のある方や、毎月10GB以上利用していて長い間同じ携帯会社を使いたい方は大手キャリアへの乗り換えをおすすめします。

端末のスペック比較

UQバイルが用意している人気の4機種のスペックを比較してみました。ASUSの最新高性能スマートフォン「ZenFone3」やファーウェイの「P9 lite PREMIUM」が購入できます。

f:id:dragon_post:20170202183625p:plain

プラン別の端末を含む料金比較

プラン別に端末を含む料金を計算してみました。機種選択の参考にどうぞ。iPhone5sの料金については、解説記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20161025124258g:plain

料金プラン

f:id:dragon_post:20170202183641p:plain

 

auからの乗り換え

f:id:dragon_post:20170202183700p:plain

申し込み方法

申し込み方法は大きく分けてオンラインショップと店頭の2種類があります。

UQバイルオンラインショップ

UQバイルオンラインショップ」は、店頭に行く余裕がない方や店頭契約が面倒な方にはおすすめです。新規契約なら24時間受付。MNPの場合は9時30分~20時半まで、申し込みを受け付けています。配送料(新規)は無料。申し込み後、最短で翌日発送となっています。

 

オンラインショップ公式HPへ

店舗での購入

UQスポット(上野、心斎橋北、銀天街)や全国のスーパーや家電量販店、携帯ショップでも契約が可能です。音声通話の即日開通も受け付けています。

まとめ

おさらい

UQバイルには通常プランと無料通話が付いているプランがある

・ぴったり、たっぷりプランは様々な割引サービスやキャンペーンが用意されている

・2017年2月から「おしゃべりプラン」が登場

・通話プランには契約期間がある点に注意

・通信速度は大手キャリアに負けない速さを誇る

スマホに詳しくない方も安心のサポート体制

・利用傾向によっては大手キャリアの方がお得な場合もある

 

ネットも使うし、通話もするユーザーにおすすめのUQバイ

事実上のauサブブランドといわれているUQバイル。ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルに対抗し、無料通話付きプランに力を入れています。

データ通信の利用が主な方や料金の安さを重視したい方には、多少不十分なプラン内容でしょう。他の格安SIMの方がはっきり言ってお得です。

「ネットも通話もどちらも利用したいし、料金も安く抑えたい」方にとって、UQバイルはおすすめできる携帯会社です。また、サポート体制の充実度を考えると、お子さんや機械になれていないユーザーにもメリットの大きい携帯キャリアだといえます。

料金を安く安心安全にスマホを利用したい方は、UQバイルの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

UQバイルオンラインショップ公式HPへ