トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

2020年au新料金プラン(4G向け)を徹底解説!【旧プランとの比較あり】

f:id:dragon_post:20200609133450j:plain

2020年6月2日からauで新料金プランがスタートしました。

主なプランは、「ピタットプラン 4G LTE」「データMAX 4G LTE」「データMAX 4G LTE Netflixパック」の3種類。

非常にシンプルな構成になっています。

この記事では、料金プランの内容や割引サービスなどを詳しく解説すると共に、従来プランと比較しながら新プランの実力を徹底検証します。

※ こちらの記事は4Gスマホ向けのプラン解説です

※ 表示価格は特に断りがない限り全て税抜です

2020年6月9日更新)

新プラン1 ピタットプラン 4G LTE

ピタットプラン4GLTE 月額料金

従量制プランは2019年から変わらず

「ピタットプラン 4G LTE」は、毎月のデータ量によって月額料金が変わる従量制プランです。

プラン内容は2019年から変わっていません。

名称が「新auピタットプランN」から「ピタットプラン 4G LTE」に変更しています。

定額制ではなく、データ消費量に合わせて3段階で料金が変わるシステムなので、データ量を余らせてお金を無駄にする事もありません。

提供開始日

2019年10月1日~

新プラン2 データMAX 4G LTE

au データMAX4GLTE 月額料金

ヘビーユーザーにお得な無制限プラン

「データMAX 4G LTE」は、月7480円で、データ使い放題のプランです。

また、2GB以下しか使わなかった月は、自動的に1480円が割引されるシステムとなっています。

自動割引システムは、2019年のデータ無制限プランに無かった仕組みですね。

WiFi環境外で動画やゲームなどアプリを頻繁に利用する方」や「通信制限を気にせずストレスフリーで使いたい方」にオススメのプランです。

提供開始日

2020年6月2日~

注意点 データ無制限だが、条件によって制限あり

「データMAX 4G LTE」はデータ無制限ですが、いくつか注意点があります。

1つ目は「一定期間内に大量の通信があった場合は、混雑時間帯の速度制限があること」です。

2つ目は「通信内容によっては月間30GBまでしか使えない場合があること」です。

以下の通信については月30GBまでしか使えませんのでご注意ください。

・デザリング通信

・「データシェア」利用のシェア子回線通信

・海外でのデータ通信

新プラン3 データMAX 4G LTE Netflixパック

au データMAX4GLTENetflixパック 月額料金 Netflix TELASA

「データMAX 4G LTE Neflixパック」は、データ無制限で、なおかつ動画サービス「ネットフリックス」のベーシックプラン(通常は月額800円)と動画サービス「TELASA(旧auビデオパス)」が利用出来るお得なプランです。

月額料金は8480円。

動画コンテンツを思う存分に楽しみたい方にオススメです。

提供開始日

2020年6月2日~

デザリングやデータシェアの上限が60GBに増量

以下の通信は月60GBまでと上限が設定されています。

・デザリング通信

・「データシェア」利用のシェア子回線通信

・海外でのデータ通信

当初は40GBまでとアナウンスされていましたが、新プラン開始直前に60GBと変更されました。

従来プランの「auデータMAXプラン Netflixパック」は2GBが上限だったので、デザリングなどで使えるデータ量が大幅に増えていますね。

追加料金を支払えば、「Netflix」の上位プランに変更できる

Netflix」は、追加料金を支払えば、スタンダードプランやプレミアムプランに変更できます。

au Netflix コース変更

通話オプション(加入は任意)

基本プランの通話代は定額ではありません。

30秒につき20円がかかります。

かけ放題を利用したい方は、「通話オプション」を利用しましょう。

月額料金

au 通話オプション 通話定額2 通話定額ライト2

※ 「家族割」の加入者のみ適用

通話オプションは2種類

オプションは2種類用意されています。

「通話定額ライト2」は、月800円で、1回に付き5分以内の通話が無料になるサービスです。

「通話定額2」は、月1800円で、文字通り時間回数問わず、かけ放題のサービスです。

加入は任意なので、普段通話をあまりしない方はオプションに加入しないで大丈夫です。

対象

「ピタットプラン 4G LTE

「データMAX 4G LTE」「データMAX 4G LTE Netflixパック」

※ 5Gプランも対象

旧プランより月100円値上がりした分、使えるサービスが増えた

「通話定額ライト2」と「通話定額2」は、月額400円かかる「電話きほんパック(V)」のサービスが無料で使えます。

利用出来るサービス

・お留守番サービスEX

待ちうた

・割込通話

三者通話サービス

・迷惑電話撃退サービス

旧プランの「通話定額ライト」と「通話定額」に比べると、月100円値上がりしていますが、その分400円分のオプションが使えるようになった形です。

オプションを利用している方にとっては、かなりお得になっています。

逆に上の5つのオプションを使わない人にとっては、月100円高くなったといえます。

旧通話オプションとの比較表

au 通話オプション 比較 オプションサービス

新プランのデザリングオプション

au デザリングオプション 月額料金 2020年

「ピタットプラン 4G LTE」「データMAXプラン 4G LTE」「データMAX 4G LTE Netflixパック」は、デザリングの月額料金がかかりません。

無料です。

ただし、「データMAX 4G LTE」は、デザリング通信が月30GBまで、「データMAX 4G LTE Netflixパック」は月60GBまでしか出来ませんので注意が必要です。

2年契約Nの解約金は1000円

2年契約Nプランの場合、どのプランも自動更新月以外で解約した場合の契約解除料は1000円です(自動更新月なら解約金0円)。

一方で、「定期契約なしのプラン」はいつでも解約金0円ですが、2年契約のプランより月額料金が170円高です。

定期契約なしのプランを6カ月利用すれば、2年契約の解約金分支払う事になるので、基本的には2年契約プランの方がお得です。

自動更新月

契約期間が定められているプランを解約した際に、解約金のかからない期間の事です。

2年契約Nの場合、契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間は、解約金0円で解約する事が出来ます。

割引サービス1「スマホ応援割Ⅱ」

「データMAX 4G LTE」に加入した方は毎月1000円の割引、「データMAX 4G LTE Netflixパック」に加入した方は毎月1200円の割引が6カ月間適用されます。

注意

過去に「スマホ応援割」「スマホ応援割プラス」「スマホ応援割20」「auデータMAXプランスタートキャンペーン」が適用された方や、「auデータMAXプラン Pro」もしくは「auデータMAXプラン Netflixパック」でauの学割が適用された方は対象外です。

受付期間

2019年11月1日~

※終了時期は未定

割引サービス2 「家族割プラス」

同一住所にお住まいの家族は、条件を満たした回線数に応じて、各回線ごとに毎月最大2020円割引されます。

「家族割」との併用も可能。

4人以上の家族で、データ無制限プラン加入者(Netflixパック含む)は、毎月2020円の割引が受けられるので、非常にお得です。

提供開始日

2019年9月3日~

毎月の割引額

au 家族割プラス 毎月の割引額 auピタットプラン4GLTE auデータMAX

 

新規受付終了した従来プランの割引額

f:id:dragon_post:20200609142805p:plain

割引の対象プランと回線数のカウント対象プラン

au 家族割プラス 割引の対象プラン 回線数のカウント対象プラン

モデルケース

割引の仕組みを分かりやすく解説するために、モデルケースを用意しました。

4人家族の例をご覧ください。

au 家族割プラス モデルケース 2020年

まずは回線数をカウントします。

カウント対象プランに4人全員加入しているので、カウント数は4回線となります。

次に割引対象と割引額について。

「ピタットプラン 4G LTE」に加入している母には、毎月1000円の割引が適用され、「データMAX 4G LTE」に加入している息子は毎月2020円の割引が適用されます。

一方、父と娘は回線のカウント対象ですが、割引対象プランと契約していないので、割引されません。

注意点 基本的に適用されるのは同一住所の家族のみ

「家族割プラス」で割引が適用されるのは、同一住所にお住いの家族のみです。

別住所でも割引が適用されるのは、以下の対象固定通信サービスを契約している50歳以上の方だけとなっています。

au 家族割プラス 対象固定通信サービス

※ 「ネット+電話」「ネット+テレビ」「テレビ+電話」を同一固定通信サービスで加入の場合に限る

50歳未満の離れて暮らす家族も「家族割プラス」に加入できるキャンペーン開催中

auショップ(実店舗)で手続きの場合、上記の条件に関わらず、対象プランに加入していれば、住所の異なる家族でも「家族割プラス」に加入できます。

手続きの場合は家族関係証明書が必要となるので、必ず持っていきましょう。

 

対象プラン

f:id:dragon_post:20200608172509p:plain

キャンペーン期間

2019年12月20日

割引サービス3 「auスマートバリュー」

新プランも「auスマートバリュー」の割引対象です。

毎月の割引額

2020年 auスマートバリュー 毎月の割引額

※「ピタットプラン 4G LTE」の場合、データ量が1GB未満の月は割引が適用されません

新規受付が終了したプラン

新プラン受付開始に伴い、一部の料金プランは新規の受付が終了しました。

2020年6月1日で終了のプラン

・「auデータMAXプランPro」

・「auデータMAXプラン Netflixパック」

・「auフラットプラン25 NetflixパックN」

・「auフラットプラン20N」

・「auフラットプラン7プラスN」

【検証】旧プランとの料金比較

2020年版のau新プランは、2019年のプランと比べて、どのように変化しているのでしょうか?

旧プランと料金比較をして、新プラン料金の実力を検証してみたいと思います。

料金比較する際の条件設定

比較をシンプルにするため、条件を設定します。

・「新プラン」と「2019年版の旧プラン」を計算する

・通話オプションは「かけ放題ライト(1回5分以内の通話が無料)」を採用

・プラン自体の比較を行うため、期間限定割引キャンペーンは適用しない

・「auスマートバリュー」は付けない

旧プランとの料金比較1 個人 1GB

まずは個人の1GBプランを比較してみましょう。

料金比較

au 2020年 1GBプラン ピタットプラン4GLTE 料金比較

通話オプションの分、旧プランが安い

データプランの料金は同じですが、通話オプションの差で旧プランの方が安いという結果になりました。

通話オプションのコーナーで解説した通り、新プランは旧プランのオプションに比べて月100円高いもの、その分「留守番電話サービス」や「迷惑電話撃退サービス」などが無料で利用出来る点にメリットがあります。

料金比較2 個人 7GB

次に7GB利用するケースを見ていきましょう。 

料金比較

au 2020年 7GBプラン auフラットプラン7プラス 料金比較

7GB専用プランが無くなり、料金が高くなった

毎月4GB~7GB使う場合は、旧プランの方が安いです。

7GB専用プランである「auフラットプラン7プラスN」が廃止されたため、中容量の料金が高くなっています。

2年間の合計で見ると、1万4400円も旧プランの方が安い計算になりました。

auフラットプラン7プラス」のユーザーは、今のところ従来プランの方がお得です。

ただし、キャンペーンやプランの改定などがあれば、新プランの方が安くなる可能性もあります。

料金比較3 個人 20GB

毎月7~20GB使う場合を比べてみました。

料金比較

au 2020年 20GBプラン auフラットプラン20N 料金比較

auフラットプラン20N」の利用者は、新プランに移行すると高くなる

20GB専用プランのauフラットプラン20N」は、2020年6月1日を持って新規受付が終了しました。

現在、7GB超えのプランは「データMAX 4G LTE」しか残っていません(もしくは「Netflixパック」)。

auフラットプラン20N」ユーザーにとっては、新プランに移行すると月額料金が1780円も高くなってしまうので、今すぐに新プランへ変更する必要は特にありません。

一方で、「20GBだと毎回通信制限にかかってしまう方」は、データ無制限プランへの移行をオススメします。

料金比較4 個人 データ無制限

データ無制限の場合は、どちらの方がお得なのでしょうか?

料金比較

au 2020年 データ無制限 データMAX4GLTE 料金比較

月2GBを超える方で通話オプションなしの方は料金に変化なし

1GBプランと同じく、通話オプションの差で旧プランの方が安い結果となりました。

通話オプションに未加入の場合は、同じ料金です。

「データMAX 4G LTE」には、2GB以下の月は自動的に1480円割引されるシステムが用意されているものの、データ無制限を契約している方で、月2GBを下回るケースは滅多にないと思います。

デザリングの上限も同じ30GB(旧プランも2020年2月1日から上限が30GBになった)ですし、特に大きな違いはありません。

ただし、4人以上の家族で「データ無制限プラン」を利用する場合は、新プランへの移行をオススメします(その理由は「料金比較 家族編」で解説)。

料金比較5 4人家族編

家族で契約するケースでも比較してみました。

今回は4人家族で、2人が無制限プランを利用し、残りの2人が毎月4GB利用するパターンで計算してみました。

料金比較

au 4人家族 データMAX4GLTE

4人以上の家族で「データ無制限プラン」を使う方がいるなら、新プランの方がお得

新プランの方が圧倒的にお得という結果になりました。

2年間で、なんと4万円近くも安くなる計算です。

大きな理由は「家族割プラス」の割引額です。

新プランでは、回線数の対象カウント数が4回線以上の場合、「データMAX 4G LTE」などデータ無制限プランに加入している方は、毎月2020円の割引が適用されます。

一方で、旧プランである「データMAXプランPro」の場合、毎月の割引額は1000円と新プランの割引額に劣ります。

ちなみに3人家族でデータ無制限プラン加入者の割引額は、どちらも毎月1000円なので、違いはありません。

2020年のau新プランまとめ(4G向け)

新プランの特徴

・プランは「ピタットプラン 4GLTE」「データMAX 4G LTE」「データMAX 4GLTE Netflixパック」の3種類

・基本的には2019年のプランを引き継いだプラン構成

・「auフラットプラン7プラス」などのプランが新規受付終了

・「データ無制限プラン」に自動割引システムが導入された

・「データ無制限プラン Netflixパック」のデザリング容量が大幅に増量(2GB → 60GB)

・「通話オプション」は2019年から月100円値上げ(その分「留守番電話サービス」など使えるオプションが増えた)

・「家族割プラス」は4人家族なら、最大で毎月2020円の割引が適用

・個人の場合、「月1~4GB」または「月7GB超え」の利用なら、新旧に大きな差はなし

・毎月4GB~7GB利用の方は、今のところ旧プラン(auフラットプラン7プラスN)の方がお得

・4人家族で「データ無制限プラン」利用者は、新プランの方がお得

今まで以上にシンプルになったau料金プラン

4G向けスマホで選べるプランは3種類と、2020年のauプランは今まで以上にシンプルな構成になっています。

1カ月当たりのデータ通信量でオススメプランは決まってくるので、プラン選択に迷う事もありません。

「家族割プラス」の最大割引額がアップした事で、4人家族以上のデータ無制限プラン利用者のお得度がグンと上がっています。他社に比べて家族向けサービスが弱い印象のauでしたが、今では他社に負けないくらい充実しています。

通話オプションは旧プランに比べて、月100円値上がりとなりました。

「電話きほんパック」のオプションサービスを使う人にとっては、以前よりお得ですし、使わない人にとっては損になります。ソフトバンクも同様の値上げをしているので、ドコモも同じ流れになるかもしれません。

契約状況やデータ通信量などの利用状況によってプランのお得度は変わるので、新プランへ移行する前に、まず利用状況を確認する事をオススメします。