トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

【誰でもiPhone半額】楽天アップグレードプログラムを徹底解説!

f:id:dragon_post:20210704135244p:plain

2021年6月29日に楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」の提供を開始しました。

楽天モバイルを契約していなくてもiPhone12などの最新iPhoneが最大半額で利用できる制度ということですが、具体的にはどんな制度なのでしょうか?

この記事ではプログラムの仕組みや利用条件、対象ユーザー、支払い方法、対象機種、利用する場合の注意点など、「iPhoneアップグレードプログラム」の中身について徹底解説します。

2021年7月4日更新)

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」とは

楽天モバイル iPhone アップグレードプログラム

引用元:楽天モバイル公式HP

楽天モバイル「アップグレードプログラム」とは、端末代金が最大半額になるサービスです。

機種代金を48か月払いにして25カ月目以降に端末を返却することで、残り分(最大24回分)の端末代金の支払が不要となります。

プログラムの月額利用料は1円です。

アップグレードプログラムの仕組み(図解)

楽天モバイル アップグレードプログラム 仕組み

「iPhone12 64GB」を例に図で解説しましょう。

例えば通常価格10万1229円の「iPhone12 64GB」を48回払いで購入するとしましょう。

月額料金がプログラム料込で2108円(48か月目のみ2153円)なので、それを24か月目まで支払います。

そして、25か月目に「iPhone12」を返却すると、残り24回分の支払い(5万637円)が免除されます。

つまり、実質価格は「10万1229円-5万637円=5万592円」となります。

簡単に言えば「購入じゃなくてレンタルだけど、その分安くなるよ」って話です。

ひとこと

公式サイトに記載されている「本体価格」と「分割した場合の合計金額」が何故か合致していないので、こちらの記事では「分割払いの合計金額」に合うように本体価格を修正しています。

返却が遅くなると実質価格が高くなる

スマホの返却は25か月目以降から可能ですが、返却時期が遅くなると実質価格はどうなるのでしょうか?

楽天モバイル アップグレードプログラム 返却遅い場合

例えば30か月目にスマホを返却すると残り19か月分の残債が免除されるので、実質価格は6万1132円となります(「2108円×29カ月」)。

25か月目に返却した場合の実質価格が5万592円なので、それに比べると1万円以上高い計算です。

「アップグレードプログラム」はスマホ返却した後の支払いが免除される仕組みなので、端末の返却が遅くなればなるほど実質価格が高くなります。

レンタルビデオ店でいうと延滞料金みたいなものですね。

プログラム利用期間の途中で買い取ることも可能

このプログラムは途中で買い取りに変更する事も可能です。

「あっやっぱりレンタルとしてじゃなく、完全に自分の物として所有したいな」と利用途中で考えが変わったとしても問題ありません。

残債を一括で支払えば、iPhoneの返却は不要になります。

楽天モバイルユーザー以外も利用可能【回線契約必要なし】

嬉しいことに、このプログラムは楽天モバイルユーザー」以外も利用可能

楽天モバイルの回線契約は必要ありません。

楽天の「アップグレードプログラム」を使ってiPhone12をゲットし、回線はahamoを使うなんて事が出来ちゃいます。

端末販売していないpovo、LINEMOユーザーにもオススメです。

ただし、端末の支払い方法が「楽天カード」に限定されている点(後述)には注意が必要です。

対象端末はiPhoneのみ

iPhoneアップグレードプログラムが使える対象スマホは以下の通りです。

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 ProMax
  • iPhoneSE

アップグレードプログラム適用時のiPhone実質価格

アップグレードプログラムをフル活用した場合、iPhoneの実質価格はいくらになるのか表にしてみました。

iPhone12

  定価 実質価格
64GB 10万1176円 5万592円
128GB 10万8160円 5万4096円
256GB 12万2335円 6万1176円

 

iPhone12 mini

  定価 実質価格
64GB 8万7712円 4万3872円
128GB 9万5140円 4万7592円
256GB 10万9205円 5万4624円

 

iPhone12 Pro

  定価 実質価格
128GB 12万7395円 6万3720円
256GB 14万650円 7万344円
512GB 16万8070円 8万4048円

 

iPhone12 ProMax

  定価 実質価格
128GB 14万1700円 7万872円
256GB 15万5050円 7万7544円
512GB 18万1440円 9万744円

 

iPhoneSE

  定価 実質価格
64GB 5万5170円 2万7600円
128GB 6万1150円 3万600円
256GB 7万5115円 3万7584円

最新のiPhoneが最大半額になる

iPhone12は最安5万592円、iPhoneSE(第2世代)は最安2万7600円で使う事が出来ます。

通常価格の50%OFFで最新のiPhoneが持てるので、SIMフリー端末の購入を躊躇してた方にもオススメです。

利用条件【支払い方法は楽天カードのみ】

アップグレードプログラムの利用条件は以下の通りです。

条件
  • 18歳以上
  • 支払い方法は楽天カード限定(契約者本人のカード)
  • 製品代金を48回払いで購入する
注意

18、19歳の利用は申込の際に「法定代理人同意書」の提出が必要です。

支払い方法は「楽天カード」限定

このプログラムを利用する場合、端末の支払い方法は楽天カードのみです。

また、契約者じゃない名義の楽天カードも利用出来ません。

まだ持っていなくて、プログラムを利用したい方はまず楽天カードに加入しましょう。

筆者も「楽天カード」を所有していますが、年会費は永年無料ですし、楽天市場の買い物で最大3倍のポイントが付きますし、持っていて損はありません。

特典の適用条件(楽天で機種変更しなくてもOK)

残債を免除するには以下の条件があります。

  • 24回目の支払い以降に端末を返却すること

特に厳しい条件はありません。

返却後、新たに楽天で機種変更せずにプログラムを解約しても残債は免除されます。

厳しい条件が無いので、楽天カードさえ持っていれば誰でも気軽に利用出来ます。

【注意1】機種変更や解約時に3300円の事務手数料が発生する

プログラムを利用するにあたっての料金は無料ですが、「端末の機種変更」や「返却時に伴うプログラム解約」の際に事務手数料が発生します。

事務手数料

3300円

【注意2】 故障したスマホを返却すると2万2000円の支払いが必要

返却したスマホが査定の基準を満たさない場合、2万2000円(不課税)の追加料金を支払う必要があります。

査定基準を満たさないケース

以下のケースは査定基準を満たしません。

・電源が入らない

・画面が割れている、キズがある

・ガラスや本体が破損している

・液晶表示が異常

・タッチパネルが動作不良

・本体が変形している

・部品が欠損している

・カメラが起動しない

・本体を改造している

基本的には故障したスマホは査定基準を満たさないので、くれぐれもスマホの扱いにはご注意ください。

「故障紛失保証 with AppleCare Services」に加入すれば故障費用を抑えられる

「故障紛失保証 with AppleCare Serivces」に加入していれば、返却前に修理や交換サービスが受けられるので、2万2000円の故障費用を払わずに済みます。

プログラムの月額料金

「iPhonrSE」:715円

「iPhone12」「iPhone12 mini」:979円

「iPhone12Pro、Pro Max」:1309円

修理、交換費用

修理

画面割れ:3700円

その他:1万2900円

故障による交換

1万2900円

盗難、紛失による新品お届け

1万2900円

注意

「故障紛失保証 with AppleCare Services」は製品購入時のみ加入可能です。

一度解約すると再加入出来ません。

【注意3】24カ月目までに解約すると残債の支払いが必要になる

25カ月目に達していない状態で解約する場合は、残債の一括支払いが必要になります。

この点はご注意ください。

\ 今ならプラン料金3カ月無料 /

楽天モバイルプラン解説

f:id:dragon_post:20210702112503p:plain

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は利用データ量に従って、月額料金が決まる従量制プランを採用しています。

最大で月額2980円を支払えば、データが使い放題。

20GBなら月2178円で利用可能。

5G通信に対応していて、契約期間も無く、解約金も0円です。

一般通話は30秒につき22円が発生しますが、無料通話アプリ「Rakuten LINK」を使えば国内通話が完全無料で使い放題となります。

海外66の国と地域なら、2GBまで無料(2GB超過後は128kbpsとなる)。データを追加したい場合は、1GBあたり500円でチャージ出来ます。

通話オプション

一般通話のかけ放題オプションは用意されていません。

通話を頻繁にする方は、国内通話が無料でかけ放題の「楽天LINK」を利用しましょう。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルに関するその他の特徴をまとめました。

5G通信 対応回線 楽天(無制限)
auパートナー(月5GBまで)
対応エリア 楽天
au
eSIM
通話
オプション
楽天LINK」
使い放題(0円
キャリア
メール

21年夏提供予定
データ
チャージ
auパートナーエリア
550円/1GB
デザリング 無料
留守番電話 × 端末保証
サービス
○(※)

※ 「故障紛失保証 with AppleCare Services(月715~1309円)」「スマホ交換保証プラス(月715円)」「持ち込みスマホあんしん保証(月715円)」が用意されています

事務手数料

事務手数料の負担は一切ありません。

契約事務手数料 0円
機種変更手数料 0円
解約金 0円
MNP転出料 無料

プラン加入&スマホ購入キャンペーン

楽天モバイル iPhone 超トク 乗り換え キャンペーン ポイント

引用元:楽天モバイル公式HP

現在、楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」と「iPhone」に関連したお得なキャンペーンが開催されています。

キャンペーン
  • 「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」プラン料金3カ月無料キャンペーン
  • 「UN-LIMIT Ⅵ」加入&「iPhone」購入で最大2万円分ポイント還元キャンペーン

ポイント還元を活用すれば、「iPhone12」が3万円台で運用できる!

今ならiPhoneの購入と同時に「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を初めて申し込むと、最大2万円分の楽天ポイントがゲット出来ます。

ポイント獲得には無料通話アプリ「Rakuten LINK」の利用が必要ですが、条件のクリアは簡単です。

「アップグレードプログラム」と組み合わせれば、「iPhone12」が最安3万円台で使えます。これはかなりお得ですね。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は月1GBなら無料ですし、サブ回線として使う方にもオススメです。

楽天モバイルの申込方法

楽天モバイルは「実店舗」と「web」から申し込む事が出来ます。

実店舗

実店舗のメリット

・専門スタッフと直接話ができるので安心

・気になる点や疑問に思う点を相談できる

・初期設定をしてもらえる

・当日に端末が手に入る

専門スタッフによる設定サポートを受けたい方は、実店舗での申込をオススメします。

現在、全国約600店舗が展開中。

近くに実店舗があるか知りたい方は、こちらのリンクよりお探し下さい。

web(オンライン)

オンラインショップのメリット

・24時間いつでもどこでも利用可能

・パソコンやスマホで気軽に契約できる

・待ち時間なし

・わざわざ店舗に行く必要がない

・web申込限定のポイントがゲット出来る

webならスマホやパソコンで簡単に申込出来ますし、先ほど解説したようなweb申込限定キャンペーンも用意されているので、お得に契約したい方にもオススメです。

筆者も実際にweb申込をしてみました。

その時の流れを記事にしたので、web申込の方法を知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

\ 今ならプラン料金3カ月無料 /