トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

初めての格安SIM STEP3 キャリアを解約または機種変更しよう

格安SIMとスマホを用意するメドがついたら、今契約しているキャリアを解約、二台持ちの場合は機種変更しましょう。解約の場合、ただ手続きを行えばよいというわけではありません。解約、機種変それぞれのポイントしっかりと確認して手続きを行いましょう。

1.MNP予約番号をもらおう(解約の場合)

今持っている携帯電話番号をそのまま格安SIMでも使いたい方は、MNPする必要があります。

MNPって何?

MNPとは、現在自分が持っている携帯電話の番号を変更せずに会社を変えられる制度のことです。

MNPをするためには、まず予約番号という物が必要です。現在契約しているキャリアに問い合わせて、MNP予約番号をもらいに行きましょう。もらう方法は店頭、web、電話の3つの方法があります。

予約番号をもらう方法

1.店頭

2.web

3.電話

おすすめは店頭です。MNPをするには費用がかかります(ポイントで解説)。費用面や契約期間の確認など、気になっている点を直接聞けますので何かと安心です。

 

MNPする際に気を付けるべきポイント

1.MNP予約番号の有効期限は15日間

2.格安SIMに申込み「転入」の手続きが完了するまで、電話が使えない

3.データ専用SIMの場合はMNP出来ない

4.MNPは「転出料2000円」「事務手数料3000円」がかかる

2.キャリアを解約または機種変更をしよう

それでは解約、機種変更の手続きをしにショップへ足を運びましょう。「ちょっと待った!!!」その前にいくつか抑えておくべきことがあります!!それぞれ気を付けるべき点をまとめてみましたので、ご確認ください。

 

解約の注意点

・解約の場合は解約金が必要な場合があります!

多くの方はキャリアと2年契約を結んでいます。そのため契約期間によって、解約金9500円を支払う必要があります。解約金を払いたくない方は、事前に契約期間がいつおわるのか各携帯ショップに行って確認しましょう。

・貯まったポイントを使い果たしましょう

大手キャリアには「ドコモプレミアムクラブ」のようなポイントサービスがあります。そのようなポイントも使えなくなりますので、事前に使いきってしまいましょう。

・メールが使えなくなります

今まで使っていたキャリアメールが使用できなくなります。携帯のメールアドレスで登録していたサービスから受信できなくなってしまいますので、事前にメルアドの変更手続きをしておきましょう。

・キャリア決済していたサービスも利用できなくなります

「Hulu」や「dヒッツ」「ビデオパス」などの月額サービスを利用していた方もいらっしゃると思いますが、解約に伴い利用が出来なくなります

※また異なる方法(クレジットカードなど)で契約すれば大丈夫

機種変更の注意点

・キャリアメールを維持したい人はガラケーに機種変更をしよう

いわゆる二台持ちというものです。今契約しているキャリアとはガラケーの契約に機種変更します。こちらは電話とメール専用。ネットはスマホを用意して、格安SIMを利用します。電話はガラケーがありますから、SIMはデータ専用のもので大丈夫です。

ガラケーの端末代金

機種変更の際、端末代金をおさえたい場合は「一括0円ガラケー」を探してみましょう。キャリアのショップにはない可能性がありますので、家電量販店の携帯売り場などで探してみましょう。ただしオプションに加入しなければいけないなど、条件を含む場合がありますので、その点は注意しましょう。

 

また、昔使っていたガラケーを再利用することも出来ますが、その場合は割引サービスが適用されないなどのデメリットがあります。

 

 

こちらの記事もどうぞ

tokumanabi.hatenablog.com

 

tokumanabi.hatenablog.com