トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

Xperia XZsは機種変更と乗り換えどっちがお得?

f:id:dragon_post:20170612170344j:plain

2017年5月、ドコモ、auソフトバンクの大手3社から、Xpeiraシリーズの新作「Xperia XZs」が発売されました。

大手3社全てで用意されているXZsですが、どの会社が最もお得なのでしょうか?また、新機種XZsは「Xperia XZ」から何が変化したのでしょうか?

気になる「Xperia XZs」の料金設定や機能について詳しく解説していこうと思います。

2017年12月14日更新)

目次

Xperia XZsの端末価格比較

XperiaXZsの端末価格を「新規契約」「乗り換え」「機種変更」に分けて、キャリア別に比較してみましょう。

f:id:dragon_post:20171214170633p:plain

 

新規契約、機種変更はソフトバンクが、乗り換えはドコモが最安でした。17年10月に入って、ソフトバンクは新規契約、機種変更時の端末価格を値下げ。同年12月に入ってから、ドコモの乗り換え時の端末価格が9600円に値下げされました。

乗り換え、機種変更時の手数料

XperiaXZsを購入するとしたら、どこのキャリアを選択すべきなのでしょうか?現在利用している携帯会社別に分けて、料金比較を行っていきたいと思います。比較の前に確認すべき点が1点あります。それは他社へ乗り換えや機種変更にかかる手数料です。

乗り換えにかかる手数料

通常、MNP(乗り換え)をする場合は以下の手数料がかかります。

解約金アリの場合

契約解除料(9500円)+MNP転出料【乗り換え前の携帯会社】(2000~3000円)+契約事務手数料【新しい契約先】(3000円)= 1万4500円~1万5500円

 

解約金ナシの場合

MNP転出料(2000~3000円)+契約事務手数料(3000円)= 5000円~6000円

 

大手3社の手数料一覧

f:id:dragon_post:20161106203017p:plain

今回の比較では、全て解約金0円で乗り換えすることを条件に計算をしています。解約金ゼロで他社へ移行したい場合は、2年契約終了後の自動更新月MNPする必要があります。他社への乗り換えを検討する際は、携帯ショップなどで現在の契約期間を確認することをお忘れなく。

機種変更にかかる手数料

機種変更をする際にも手数料がかかります。ちなみにドコモオンラインショップでは店舗で契約するより手数料が安くなります。XiからXiへの機種変更は手数料が無料になります。

3社の機種変更手数料は以下の表をご覧ください。

f:id:dragon_post:20170301203038p:plain

料金比較の条件設定

料金比較は個人と家族に分けて解説します。2017年7月から始まったauの新プランも料金比較に加えます。

2017年7月からauで新料金プランがスタート

auでは2017年7月中旬から新プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」がスタートしました。従来のプランより基本料金が安いプランとなっています。しかし、安く利用するにはいくつか細かい条件があります。

Xperia XZs」を購入予定でau新プランの内容や利用条件をよく知らないという方は、まず先にau新料金プラン解説記事をご覧ください。

 

個人

個人の条件設定は以下の通りです。

・乗り換え時の解約金は0円

・長期ユーザー向けの割引は適用しない

・乗り換え時は「MNP転出料」と「契約事務手数料」がかかる

・機種変更には「機種変更手数料」がかかる

・ドコモとauユーザーの機種変更は2000円とする

・25歳以下の方は学割を適用する

auの新料金プランは「アップグレードプログラムEX」を利用する

au新プランは「3年目以降も利用するパターン」と「2年間で他社へ乗り換え or アップグレードプログラムEXを解約するパターン」の2パターンで計算する

 

家族

家族の条件設定は以下の通りです。

・解約金0円で乗り換え

・乗り換えにかかる手数料は「MNP転出料」と「契約事務手数料」

・機種変更には「機種変更手数料」がかかる

・ドコモとauユーザーの機種変更は2000円とする

・長期ユーザー向けの割引は適用しない

・「4人家族の50GBプラン」と「3人家族の15GBプラン」で料金比較を行う

・4人家族は2人、3人家族は1人のお子さんがいる

・お子さんはすべて25歳以下(学割適用年齢)とする

auの新料金プランは「アップグレードプログラムEX」を利用する

au新プランは「3年目以降も利用するパターン」と「2年間で他社へ乗り換え or アップグレードプログラムEXを解約するパターン」の2パターンで計算する

ドコモを利用中の方 個人編

現在ドコモを利用中の方は、どの選択がベストでしょうか?

2GBプラン

f:id:dragon_post:20170904153416p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214170605p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20170904153601p:plain

 

5GBプラン

f:id:dragon_post:20170904153440p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214170844p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20170904153634p:plain

 

20GBプラン

f:id:dragon_post:20171024202125p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214170923p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171024202355p:plain

 

30GBプラン

f:id:dragon_post:20171024202322p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214170945p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171024202414p:plain

 

20GB以外はソフトバンクがお得

ドコモを利用中の方でXperiaXZsを購入する方は、月20GB以外の利用なら基本的にソフトバンクへの乗り換えが最もお得です。30GBプランはドコモより2年間で4万1000円も安く利用できます。2017年9月22日より「ウルトラギガモンスター」がスタートしました。50GBのデータ通信量を月7000円で使えるプランです。他社の大容量プランが30GBで月8000円であることを考えれば、非常にお得だとわかります。また、現在「ギガ楽しもうキャンペーン」が開催中です。毎月500円の割引が1年間に渡って適用されます。キャンペーン期限は未定です。

20GBプランはau新プランがお得です。しかし、au新プランは途中で解約すると、端末代金が倍の値段になってしまいますのでご注意ください。また、利用するには端末の回収などが条件となっています。

25歳以下で2、5GBプランを利用する方はかけ放題プランならドコモがオススメです。ドコモのU25応援割はかけ放題プランを選択すると、毎月500円の割引が25歳になるまでずっと受けることが出来ます。加えて毎月1GBのボーナスパケットも付いてくるお得なサービスです。ボーナスパケットはかけ放題ライトプランでも付いてきます。

ドコモを利用中の方 家族編

4人家族 50GBプラン

f:id:dragon_post:20170904153812p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214171007p:plain

 

3人家族 15GBプラン

f:id:dragon_post:20170904153834p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214171035p:plain

 

3人家族も4人家族もソフトバンクがわずかに安いが、オンラインならドコモがお得

3人、4人家族で一番安いのはソフトバンクでした。しかし、ドコモとの差はわずかなので、乗り換えのお得度はほとんどありません。

ドコモオンラインショップでの機種変更なら、機種変更手数料が無料(XiからXiの場合)です。3人家族なら6000円、4人家族なら8000円もの手数料がタダになります。オンラインで利用する場合、料金面でソフトバンクを上回ります。出費を出来るだけ抑えたい方はオンラインショップでの手続きを検討してみてはいかがでしょうか。

auを利用中の方 個人編

auを利用している方は機種変更と乗り換えどちらがお得でしょうか?

2GBプラン

f:id:dragon_post:20171214172533p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214172550p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214172909p:plain

 

5GBプラン

f:id:dragon_post:20171214172615p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214172637p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214172927p:plain

 

20GBプラン

f:id:dragon_post:20171214172708p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214172739p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214172951p:plain

 

30GBプラン

f:id:dragon_post:20171214172813p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214172831p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214173010p:plain

 

年齢やデータ通信量によっておすすめの会社は異なる

auユーザーは年齢や利用するデータ通信量によって契約すべき携帯会社が異なります。まずは2GBと20GBはauの新料金プラン(「auピタットプラン」「auフラットプラン」)がお得です。しかし、au新料金プランには注意点があります。新プランの料金比較を見ても分かる通り、2年間で他社へ乗り換えなど、アップグレードプログラムEXの特典条件をクリアできない場合は端末価格が2倍になります。このように高額な料金を支払わなければならないケースもありますので、auの新プランを利用する際は「アップグレードプログラムEX」の特典条件にご注意ください。

シンプルなプランで契約したい方で5GBまでの方はドコモがおすすめです。ドコモは17年12月に入ってから乗り換え時の端末価格を9600円に値下げしました。乗り換え時の端末価格では最安です。25歳以下の方なら20GBプランもお得です。2017年1月からスタートした期間限定学割キャンペーンが終了した現在、学割サービスを提供しているのはドコモのみ。ドコモの「U25応援割」は、カケホーダイプランを選択の方に、毎月500円の割引と毎月1GBのボーナスパケットが適用されます。26歳の誕生日を迎えるまでずっとサービスが受けられる点は大きな魅力です。また、カケホーダイライトプランとシンプルプランの方は、毎月1GBのボーナスパケットが付いてきます。毎月500円の割引は対象外なのでご注意ください。

20GB以上のプランを利用したい方は、ソフトバンクへの乗り換えがベストな選択です。2017年9月にスタートした「データ定額50GB」なら、au新プランより安い料金で、かつ月20GBも多く利用できます。これなら通信制限の心配もいりません。

auを利用中の方 家族編

4人家族 50GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173050p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214173109p:plain

 

3人家族 15GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173134p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214173155p:plain

 

au新プランよりドコモへの乗り換えが断然お得

家族でauを利用中の方はauの新プランで機種変更するより、ドコモへ乗り換えた方が圧倒的にお得です。4人家族の50GBプランの場合、auの新プランよりドコモの方が2年間で14万5280円も安く利用できます。

auの新プランは端末価格が高めに設定されています。最も端末価格の安いドコモと比べてみると、1台につき2万9400円もの差があります。4台にすると、11万7600円auが高い計算です。したがって、家族で利用する方はドコモがお得といえます。

ソフトバンクを利用中の方 個人編

ソフトバンクユーザーはどの会社がお得なのでしょうか?

2GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173302p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214173320p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214173541p:plain

 

5GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173348p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214173406p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214173606p:plain

 

20GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173427p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214173443p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214173636p:plain

 

30GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173501p:plain

 

au新プラン(年齢関係なし)

f:id:dragon_post:20171214173523p:plain

 

25歳以下

f:id:dragon_post:20171214173658p:plain

 

基本的にはソフトバンク、25歳以下のかけ放題プランならドコモがベスト

ソフトバンクを利用中の方は、基本的にソフトバンクでの機種変更をオススメします。ソフトバンクXperia XZsに機種変更する場合、端末価格が1万円と非常に安い価格に設定されています。ドコモの乗り換え時の端末価格とそんなに変わりません。また、機種変更手数料は乗り換え時にかかる手数料より安いのでお得です。

2017年9月から「ウルトラギガモンスター」がスタートしました。50GBのデータ通信量が月7000円で利用できるプランです。また、現在「ギガ楽しもうキャンペーン」が開催中。毎月500円の割引が1年間受けられます。キャンペーンの期限で2017年12月末までとなっています。ウルトラギガモンスターならau新プランより月約973円安く、20GBも多く利用できます。50GBもあれば、動画や音楽、ゲームが十分に楽しめます。

20GB以下のプランで25歳以下のかけ放題プランならドコモがお得です。ドコモには25歳以下を対象とした割引サービス(U25応援割)があります。かけ放題プランを契約した方は毎月500円の割引が25歳になるまでずっと適用されます。また、毎月1GBのボーナスパケットも付いてくるお得度が高いサービスです。ボーナスパケットはかけ放題ライトプランを契約の方にもプレゼントされます。

au新プランは料金比較を見ても分かる通り、2年間で他社へ乗り換えなど、アップグレードプログラムEXの特典条件をクリアできない場合は端末価格が2倍になります。このように高額な料金を支払わなければならないケースもありますので、auの新プランを利用する際は「アップグレードプログラムEX」の特典条件にご注意ください。

通話タイプや利用データ量を事前に確認し、自分に合った携帯会社を選択しましょう。

ソフトバンクを利用中の方 家族編

4人家族 50GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173738p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214173756p:plain

 

3人家族 15GBプラン

f:id:dragon_post:20171214173814p:plain

 

au新プラン

f:id:dragon_post:20171214173833p:plain

 

家族向けプランに強みを持つドコモ

ソフトバンクを家族で利用中の方はドコモがベストな選択です。現在、ドコモでは「家族まとめて割」という割引キャンペーンが開催中です。2台以上の端末購入でドコモへ乗り換えると、端末1台につき4800円の割引が適用されます。家族4人でXperia XZsへ乗り換えた場合、合計1万9200円もの割引になります。

シェアパックに家族向け割引サービスなど、ドコモは家族で利用する方にオススメの携帯キャリアです。

Xperia XZsの特長

特長1 XZからカメラ機能が大きく進化

前作XZから大きく進化したのが「カメラ機能」です。XZsのカメラ機能には世界初(2017年5月24日発表現在)のメモリ積層型イメージセンサーを搭載したMotion Eyeカメラシステムが導入されています。

このシステムによって速く動く被写体でも、ブレずに高精度で撮影できるようになりました。また、Motion Eyeカメラシステムを活用した「先読み撮影」と「スーパースローモーション」機能を搭載。

「先読み撮影」では被写体の動きを自動で認識し、シャッターを切った瞬間だけでなく、シャッターを切る前の瞬間も数枚記録してくれます。シャッターのタイミングが多少間に合わなくても、先読み機能があるので安心です。

「スーパースローモ―ション」機能では1秒間につき960コマの超スローモーション撮影が可能になりました。通常の約32倍(0.182秒の動画を6秒間で再生する)もの遅さです。他のスマホのスロー再生は4倍か8倍程度なので、XZsのスロー再生機能がいかに高いレベルにあるかがわかります。

加えて、ホワイトバランスやオートフォーカスなどの機能も強化されました。ホワイトバランスの精度が上がったことで、より美しい写真が撮れるようになりました。また、「プレミアムおまかせオート」を使えば、料理や夜景などシーンに合わせた綺麗な写真が取れます。

 

特長2 長持ちが期待できるバッテリー機能

f:id:dragon_post:20170612171818j:plain

XZsにはソニーモバイルがQnovo社と共同開発した、充電の最適化技術が搭載されています。これにより2年使っても劣化しにくい丈夫なバッテリーに進化しました。 また、1回の充電で3日以上は電池が持つ(平均的なスマホ利用の場合)ので、電池切れの心配もほとんどいりません。

 

特長3 ソニーの技術をフル活用したオーディオ機能

f:id:dragon_post:20170612171841j:plain

ソニーモバイルということで、XZsでは高音質の「ハイレゾ」音源が楽しめます。ハイレゾにはCDの約3~6倍もの音の情報量が入っているので、自分があたかもレコーディングスタジオにいるかのような迫力ある音源を聴くことが出来ます。また、音の細かな変化や表現も聴き取ることが可能です。

XZsにはハイレゾ機能だけでなく、ノイズキャンセリング機能も搭載されています。周りの騒音を約98%(ソニー調べ)カットするので、どんな環境でも音楽を楽しむことが出来ます。

スペック比較

その他のスペックについては下の比較表をご覧ください。

f:id:dragon_post:20170612110745p:plain

端末の購入は、「一括0円」と「キャッシュバック」を狙おう

端末の「実質0円」キャンペーンが自粛となった今でも、実は「実質0円」は存在します。さらに「一括0円」や「キャッシュバック」を実施するお店も多数あります。

 

実質0円と一括0円の違いって何?

「実質0円」:毎月端末代金を支払う代わりに同額の割引を2年間受けることが出来て、結果的に端末代金が0円になるというもの。

「一括0円」:端末代金の支払いなしで、端末がその場で入手できる

 

端末代金を少しでも抑えたい方は、「一括0円」と「キャッシュバック」を実施しているショップで契約しましょう。では、一括0円などのキャンペーンを行うおすすめショップを紹介します。

おすすめショップとお得キャンペーン情報

実店舗

おすすめは街のケータイショップ。有名な所でいうと、「テルル」や「モバワン」といったお店が挙げられます。公式ショップの「一括0円」は対象機種が限定されますが、テルルやモバワンでは人気の「iPhone6s」や「Xpeiaシリーズ」が一括0円で購入できます。

各ショップのツイッターアカウントから最新情報が随時更新されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

ちなみにドコモ、auソフトバンクの公式ショップでも「一括0円」キャンペーンを実施しています(一部店舗に限る)。

オンラインショップ

現在ドコモ、auソフトバンクは「XperiaXZs」を販売中。各キャリアの公式オンラインショップで購入が可能です。

2017年12月現在、ドコモオンラインショップでは「最大9万円分のdポイントが当たるキャンペーン」、ソフトバンクオンラインショップでは「スマホアクセサリーの購入に使える割引クーポンプレゼントキャンペーン」が実施中です。このキャンペーンはオンラインショップ限定となっています。

オンラインショップの契約方法については利用ガイド解説記事をご覧ください。

オンラインショップの契約ってどうやるの?

各公式オンラインショップHP

ソフトバンクへの乗り換えは「おとくケータイnet」がおすすめ

f:id:dragon_post:20160309163305p:plain

ソフトバンクへ乗り換えの方は「おとくケータイ.net」がおすすめです。ソフトバンクの正規代理店なので、契約も安心。「お客様満足度1位(ソフトバンクモバイル調べ)」を獲得している優良店でもあります。

「おとくケータイ.net」の魅力は、なんといっても「現金キャッシュバック制度」です。ここで契約すると、公式店舗では受けられない高額キャッシュバックがもらえます。

実店舗は予約制なので、「待ち時間なし」で手続きが可能。また、郵送での契約も受け付けているので、わざわざ店舗に行かずに済みます。

 

「申し込み方法」や「キャンペーン情報」など、詳しい情報はショップの解説記事をご覧ください。

f:id:dragon_post:20160309183406g:plain

 

「おとくケータイ.net」公式サイトはこちら

まとめ

おさらい

・2017年5月26日「Xperia XZs」が発売

・高品質のカメラ機能を搭載

・「スーパースローモーション」と「先読み撮影」機能が搭載

ノイズキャンセリングハイレゾ対応で臨場感のある音楽を体感できる

・2年使っても劣化しにくい高性能バッテリー

・機種変更と乗り換えでは端末価格が異なる

・基本的には乗り換えの方がお得

・年齢や通話プランによってもお得な携帯会社が異なる

 

スマホ購入の際は料金プランだけでなく、端末代金の違いに注意しよう

Xperia XZsはカメラ機能やオーディオ機能に優れた端末です。メインカメラの画素数はXZより多少劣りますが、世界初のメモリ積層型イメージセンサーを搭載したMotion Eyeカメラシステムが導入されるなど、XZから更なる進化を遂げています。また、丈夫なバッテリーや防水機能といった面も充実していて、非常に魅力的な端末になっています。

料金比較で見てきたことからも分かるように、利用データ量や利用中の携帯会社によって選択すべきキャリアは異なります。今の会社でそのまま機種変更すべきか乗り換えるべきか判断する際は、料金プランだけでなく、端末価格も大事なポイントとなります。乗り換えと機種変更では、同じ携帯会社でも料金が大きく異なります。基本的には機種変よりMNPの方が代金は安いです。しかし、端末によっては料金は変わらない場合もあります。キャリア選択の際はこの点を忘れずにチェックしましょう。