トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

【比較】Hulu、Netflix、プライムビデオのどれがおすすめ?(2018年版)

f:id:dragon_post:20180314215655j:plain

2015年9月にアメリカの動画サービス「Netflix」が日本に上陸してから、競争が一段と激しさを増している有料動画サービス業界。国内外のドラマや映画、バラエティなどが見放題の有料動画サービスは、これからますますシェアを大きくしていくことでしょう。

動画サービスの中でも注目度が高い「Hulu」「Netflix」、「Amazonプライムビデオ」という3つの動画サービスを、利用している自分の感想を含めて徹底比較していこうと思います。(2018年7月13日更新

比較1 料金システム

f:id:dragon_post:20180823150232p:plain

 

利用できる機能

f:id:dragon_post:20180823203204p:plain

※ UHDとは、HDの4倍を誇る超高画質のこと

安さならプライムビデオ、プランが充実しているNetflix

「料金」で選ぶなら、Amazonプライムビデオがおすすめです。プライム会員は年会費3900円(月325円)で見放題となります。動画の他にも音楽聴き放題サービスや、お急ぎ便サービスが使い放題なので、アマゾンユーザーにとってはメリットが非常に大きい制度だといえます。対象作品は少ないですが、4Kの超高画質にも対応しています。

2017年6月8日(木)から「月額制プラン」がスタートしました。月額400円でプライムサービスを利用出来ます。長期間使う予定のない方はこちらのプランがオススメです。プライム会員を初めて登録する方は、月額プランでも30日間の無料体験があります。途中から年会費コースに変更することも可能です。

Netflixは料金システムが充実しています。「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つから選択することが出来るので、「視聴デバイス数」や「4K対応」など、ユーザーのニーズに合わせた選択が可能です。

2018年8月23日に料金プランの値上げを発表しました。一般的なスタンダードプランは「1026円→1296円(どちらも税込)」に値上げとなっています。

Huluは支払い方法の多さに魅力があります。他の2つにはない、「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」の携帯払いに対応しており、携帯電話の料金とまとめて支払うことが出来るので非常に便利です。無料期間が2週間しかない点は少し残念。

 

アマゾンプライムの解説記事を見る

f:id:dragon_post:20160325143736g:plain

比較2 動作環境

f:id:dragon_post:20180823154732p:plain

 

全てのサービスでダウンロード機能が使えます

対応デバイスの多さでは、HuluとNetflixがプライムビデオを上回ります。

3サービスに共通する魅力は「オフライン再生」に対応している点です。最近は、動画の視聴にスマートフォンを利用する人が増えています。そういった方を電車でもよく見かけるようになりました。スマホで動画を楽しむ際に気になるのがデータ通信量。外で動画を見ると通信量がいちいち気になるんですが、フール―やプライムビデオ、NETFLIXなら、そんな心配も必要ありません。通勤や通学の移動時間や外出先での空いた時間に、思う存分ダウンロードした映画やドラマを見ることが出来ます。ちなみに動画サービス「U-NEXT」もオフライン再生が可能です。

2018年7月からHuluで、ダウンロード機能(対象はAndorid5.0以降とiOS10.3以降)が使えるようになりました。しかし、まだダウンロード可能な作品が少なく、Fireタブレットではダウンロード出来ないので、今後の改善に期待したいです。

比較3 画質

3つのサービスで配信中の「SUITS」や「孤独のグルメ」といった作品で同時再生を行い、画質の検証をしてみました。また、スマホ、パソコン、テレビといった様々なデバイスで画質調査を行いました。

f:id:dragon_post:20160320121417p:plain

 

画質はそこまで優劣なし、わずかにNetflixが上か

3つの動画を同時再生して(テレビにPCを接続し、再生)、画質を比較してみましたが、正直画質の差はあまり感じませんでした。作品によってNetflixが良いものもあれば、huluの方が綺麗な作品もありました。わずかな差で、Netflixが他の2つより上といった感じでしょうか。

いずれにしても、3つどれも画質がきれいで、特に画質の悪さが気になる動画サービスはありませんでした。

比較4 画面の操作性

パソコンとスマートフォンを使用して、再生画面の操作性について調べてみました。

f:id:dragon_post:20180713211834p:plain

 

シンプルで使いやすいHulu、字幕の切替が可能なNetflix

Netflix」操作バー

f:id:dragon_post:20160320173111p:plain

「hulu」操作バー

f:id:dragon_post:20170518210507p:plain

Amazonプライムビデオ操作バー

f:id:dragon_post:20160320173130p:plain

操作バーが邪魔にならず、使いやすいと感じたのはHuluです。これは個人的な意見ですが、字幕のフォントが最も好きです。サイトリニューアルしてからは、再生中のエピソード選択も可能になりました。

Netflixは放送中の字幕切替が可能です。いちいち動画を閉じて切替する必要がありませんし、英語の勉強で利用する時にとても便利ですね。

プライムビデオの操作は非常にシンプル。そしてスマホでもパソコンでも「10秒の巻き戻しと早送り」が可能です。パソコンで「10秒の巻き戻しと早送り」が出来るのは、プライムビデオのみです。

プライムビデオとフールーは、再生中に画質の調整が可能です。

各サービスの公式ページへ移動する 

「Hulu」無料体験ページへ

 

Netflix」無料体験ページへ

 

Amazonプライムビデオ」無料体験ページへ

比較5 ラインナップの充実度

f:id:dragon_post:20180713212324p:plain

 

海外ドラマは作品数でHulu、オリジナル作品が魅力のネトフリ

下の表をご覧下さい。こちらは2017年度と2016年度のツタヤ年間レンタルDVDランキング上位20位を基に、各サービスの配信状況を示したものです。(20作品ないのは、同じシリーズで別シーズンの作品がランクインしていたため)

2017年度 年間レンタルDVDランキング

f:id:dragon_post:20180713212346p:plain

 

2016年度 年間レンタルDVDランキング

f:id:dragon_post:20180713212402p:plain

※1 「24 -TWENTY FOUR-」はシーズン1~8まである

※2 「トランスポーター ザ・シリーズ」はある

※3 「X-ファイル」はシーズン10のみ配信中(字幕・吹替)

※4 各話35日間限定配信

 

海外ドラマで選ぶなら「Hulu」と「ネットフリックス」の2つでしょう。じゃあ2つのどっちがいいかと聞かれると、甲乙告げ難いというのが本音です。作品数で見るならHuluですし、Netflixはオリジナル作品が魅力的。

Huluではテレビ界のアカデミー賞とも呼ばれるエミー賞で2017年の作品賞を受賞した「ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語」や、エミー賞の作品賞を2年連続受賞している人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」などの作品が見れます。

NETFLIXではエミー賞脚本賞を2年連続で受賞している「マスター・オブ・ゼロ」や、2017年のゴールデングローブ賞で2部門受賞した「ザ・クラウン」など、アメリカでも評価の高いオリジナル作品が楽しめます。

有名な作品だけでOKな方なら、プライムビデオで十分です。「ヒーローズ」のように、huluとネットフリックスにはない作品もあります。また、プライムビデオにはオリジナル作品が10作品以上配信されています。

より細かいラインナップを知りたい方は、海外ドラマの完全ラインナップ比較記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160630204745g:plain

 

「日本のドラマが見たい!」という方は、Huluかプライムビデオをおすすめします。フジテレビ系列の作品を見たいなら、Netflixを選択しましょう。

国内ドラマのラインナップについては、比較記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160321143550g:plain

映画は邦画、洋画ともに少し物足りない

それぞれの映画配信状況とツタヤレンタルDVD年間ランキングを基にした配信状況を見てみましょう。(2018年7月13日現在)

洋画編

f:id:dragon_post:20180713212421p:plain

※1 スターウォーズエピソード1~6は配信中

 

f:id:dragon_post:20180713212437p:plain

※2 2018年7月25日までの配信

f:id:dragon_post:20180713212456p:plain

 

邦画編

f:id:dragon_post:20180713212518p:plain

※3 前作と「Light up the NEW world」までの10年間をつなぐ「デスノート Huluオリジナルドラマ」は見れる

f:id:dragon_post:20180713212535p:plain

f:id:dragon_post:20180713212550p:plain

※4 「テルマエ・ロマエ1」は配信中

※5 2018年7月20日まで

※6 実写版「進撃の巨人」2作品は配信されています。

 

映画はドラマに比べて、どのサービスも少し物足りなさを感じます。3つの中ならNetflixが良いでしょうか。最新の人気作(邦画も洋画も)が2つに比べて多いですし、「テルマエロマエ」や「アンフェア」などフジテレビ系列の映画作品もありますし、「何者」や「怒り」といった最新作も用意されています。洋画では「インターステラー」や「ゼログラヴィティ」など、他の2つのサービスにはない作品が多数用意されています。

Amazonプライムも負けていません。最近では「昼顔」などが配信スタート。洋画では「セッション」や「ハンガーゲーム2」、邦画では「劇場版MOZU」や「64 -ロクヨン-」などの人気作品が楽しめます。また、「ワイルドスピード スカイミッション」や「ミュージアム」、「ビリギャル」といった作品はプライムにしかありません。

2018年8月には、大きな話題を呼んだ「シン・ゴジラ(1日~)」が配信スタートしました。

他サービスに比べて新しい作品が少ないのがHuluです。しかし、中には「ホットロード」や「イニシエーション・ラブ」など、プライムビデオやネットフリックスで見れない作品もあります。海外作品では「ロード・オブ・ザ・リング」や「英国王のスピーチ」など過去の名作が多く配信されています。

現在Huluでは、細田守監督の最新作「未来のミライ」公開を記念して、「バケモノの子」や「時をかける少女」、「サマーウォーズなどの細田監督作品が期間限定(2018年9月30日まで)で配信中です。2018年8月1日からは「アバター」や「タイタニック」、「(500)日のサマー」といった人気作も配信スタートしました。

個人的な意見としては、どのサービスも配信本数をもう少し増やしてほしいです。

2018年8月に3つ全てのサービスで、2017年アカデミー賞最多6部門を受賞した話題作「ラ・ラ・ランド」の配信がスタートしました。

バラエティの作品数が多いプライムビデオとHulu

f:id:dragon_post:20180713212637p:plain

プライムビデオは「さまぁ~ず×さまぁ~ず」や「内村さまぁ~ず」など、さまぁ~ずの人気番組が見放題です。最近では「M-1グランプリ」や「よしもとお笑いセレクト」などお笑い番組も多数配信しています。また、アマゾンオリジナルの松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」や恋愛リアリティ番組「バチェラージャパン」「今田×東野のカリギュラ」といったプライムビデオ制作オリジナル作品も充実。「バチェラー」はアメリカなど世界30か国で放送されている人気番組です。

バラエティ番組の作品数ではフールーが大きくリードしています。「今夜くらべてみました」や「マツコ会議」「有吉反省会」など、日本テレビの人気番組が多数配信となっています。「ガキの使いやあらへんで」や「笑点」といった人気長寿番組も配信中。また「鬼三村」や「座長は語る」など、このサービスでしか見れないオリジナルコンテンツも用意されています。

Netflixでは北海道の大人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」の配信がスタート。2018年7月13日現在、「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」「激闘!西表島」など、6作品を見ることができます。「よしもとお笑いセレクト」「コンテンツリーグお笑いセレクト」では、人気芸人のコントや漫才が楽しめます。このようにネットフリックスは魅力的なお笑いコンテンツも配信中です。また最近ではNETFLIXオリジナル作品「あいのり Asian Journey」がスタートしました。海外のスタンドアップコメディも120作品以上用意されています。

より詳しいラインナップを知りたい方は、バラエティラインナップ比較記事をご覧ください。

f:id:dragon_post:20180713215710g:plain

アイドル見るなら「Hulu」がおすすめ

f:id:dragon_post:20180713212655p:plain

f:id:dragon_post:20180713212710p:plain

アイドル番組を見るなら、「Hulu」がベストな選択です。まずは女性アイドルについて。「AKB48 旅少女」や「NOGIBINGO」などのAKB関連番組以外にも、「ゆるしゃち」や「アイドルの穴」など、他のアイドル番組も充実。欅坂46が出演する「KEYABINGO!」や乃木坂46の「NOGIBINGO!」も配信中。地上波では見られない「NOGIROOM」のロングバージョンが視聴できます。2018年7月からは、HKT48が出演する「HKTBINGO!」も新たに配信がスタートします。

NETFLIXではAKBや乃木坂が出演するドキュメンタリー映画が視聴できます。

プライムビデオにあったAKB48SKE48などのライブ映像301本は配信終了となりました。また復活する可能性もあります。

ちなみに「U-NEXT 」は、グラビアアイドルのイメージビデオ439作品が見放題です。

続いて男性アイドル。男性アイドルもHuluがオススメです。東海地方発の男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」のバラエティ番組や韓国の人気アイドルJYJのジェジュンによるオリジナル作品が楽しめます。

アニメ・キッズ向け作品は好みによって変わる

f:id:dragon_post:20180713212727p:plain

アニメやキッズ向けの作品を楽しむ目的で、サービスに加入する方も多いでしょう。このジャンルは好きな作品によって、選択すべきサービスが異なります。

例えば「ドラえもん」見るならプライムビデオとなりますし、「名探偵コナン」や「アンパンマン」見るならHuluとなります。「ちびまる子ちゃん」や「ピングー」といったフジテレビの作品は、Netflixでしか見れません。

ちなみに近年一大ブームを巻き起こした「妖怪ウォッチ」は、全てのサービスで視聴が可能。赤塚不二夫原作のおそ松さんは現在放送中の第2期もフールー、ネットフリックスで見ることが出来ます。

2018年1月の放送開始から大きな話題を呼んでいる「ポプテピピック」は全サービスで視聴可能です。

 

より詳しいラインナップが知りたい方は、アニメ・キッズ向け作品ラインナップ比較記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160512113440g:plain

まとめ

ここまでの比較についておさらいしましょう。

おさらい

・料金システムが充実のNetflix

・他の2つに比べて、圧倒的な安さが魅力のプライムビデオ

・支払い方法が豊富なHulu

・画質や再生中の操作性は横一列

・ドラマやバラエティを見るならHuluがおすすめ

・ドラマと映画をまんべんなく楽しむならプライムビデオがおすすめ

・映画やオリジナル作品を楽しむならネットフリックスがオススメ

・アニメやキッズ向け作品は、好みによっておすすめが異なる

 

「コンテンツ」や「料金」など、求めるものによってオススメは異なる

比較評価表でも分かる通り、ユーザーの求める内容によってベストな選択は異なります。例えば安さで選ぶならAmazonプライムビデオですし、「テラスハウス」や「フルハウス」見るならNetflixとなります。

画質や操作性において細かな点を気にしないのであれば、こちらの記事を参考に配信作品の傾向で判断してみても良いでしょう。

3つのサービス全てに無料お試し期間が用意されているので、細かな点が気になる方はぜひ一度全てのサービスを試してみてはいかがでしょうか。

 

Hulu公式サイトはこちら

 

Netflix」公式サイトはこちら

 

Amazonプライムビデオ」公式サイトはこちら

「Fire TV Stick」「Fire TV」があればテレビで動画サービスが楽しめます

Amazon Fire TV Stick」「Amazon Fire TV」があれば、テレビの大画面でプライムビデオが楽しめます。

Fire TVの使用レビューや商品の基本情報について知りたい方は解説記事をご覧下さい。

f:id:dragon_post:20160720134903g:plain