トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

大手3社の「端末回収プラン」を解説します

f:id:dragon_post:20181027165743j:plain

大手3社には、購入した端末を一定期間利用した後、携帯会社にその端末を返還すると端末代金が安くなるサービスが存在します(会社によってサービス名が違うため、本サイトでは「端末回収プラン」と呼んでいます)。

「端末回収プラン」は携帯会社によってサービス内容が微妙に異なりますので、しっかりと内容を把握してから、どの携帯会社にすべきか検討することをおススメします。

ドコモ「スマホおかえしプログラム」

端末代金が安くなるサービスです。

機種代金を36回払いにして、その後スマホを返却することで、25か月目以降(残り12回分)の端末代金の支払が不要となります。

プログラム料

無料

対象機種

2019年5月時点の対象機種です(対象機種は今後、増えていく予定)。

スマホおかえしプログラム 対象機種

加入条件と割引適用条件

スマホおかえしプログラム」には、加入条件と割引してもらうための適用条件があります。

加入条件

・対象機種を36回払いで購入すること

・対象機種購入時に、本プログラムを申し込むこと

適用条件

・サービス加入時に購入した端末を返却、査定完了すること

※ 査定条件を満たせなかった場合は故障時利用料として2万円がかかります。(「ケータイ補償サービス【月額料金330~1000円】」「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad【月額500~750円】」加入の方は2000円です。ただし、割賦残債務2万円以下の場合は割賦残債務相当額を上限とします)

図解 スマホおかえしプログラムの仕組み

10万8000円のスマホを24か月目で返却した場合

スマホおかえしプログラム 仕組み

残り12回分(3万6000円)の支払いが免除されるので、実質価格は7万2000円となります。

au「アップグレードプログラムEX / EX(a)」

アップグレードプログラムEX

機種代金を48か月払いにして、毎月390円(不課税)のプログラム料金を24回支払うと、25か月目以降(残り24回分)の端末代金の支払が不要となります。つまり、端末代金が実質半額になります。こちらはiPhoneAndroid機種が対象です。

プログラム料

月額390円×24か月間

対象機種

auで販売中の「iPhone」と「Android機種」

アップグレードプログラムEX(a)

また、iPhoneのみを対象とした「アップグレードプログラムEX(a)」が2017年9月22日よりスタートしました。こちらは機種代金を24回払いにし、毎月390円のプログラム料を12回支払うと、12か月目以降(残り12回分)の端末代金の支払いが不要となります。2018年5月から最短6か月での機種変更が可能になりました(機種変更しても残り6回分の端末代金支払いは必要)。iPhoneを毎年買い替える方におすすめのサービスです。

プログラム料

無料

対象機種

iPhone XS / XS Max」「iPhone XR

iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」

iPhone 7 / 7Plus」「iPhone SE

加入条件と適用条件【アップグレードプログラムEX / Ex(a)共通】

このアップグレードプログラムEX/EX(a)には加入条件と適用条件があります。この条件には注意が必要です。条件は以下の通りです。

加入条件

・対象機種を48回払いで購入すると同時に本プログラムに申し込むこと

・「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入すること

適用条件

1.対象機種を12か月間以上【EX(a)は6か月間以上】利用すること

 

2.機種変更の際、旧機種を回収すること

※ 査定条件を満たせなかった場合は故障時利用料として2万円がかかります。(「AppleCare+&au端末サポート」「故障紛失サポート with AppleCare Services」 加入の方は3672円【画面割れ】もしくは1万2744円【それ以外】、Android向け「故障紛失サポート」加入の方は2000円でOKです。)

まず、機種は必ず半年間は利用しなければいけません。そして使っていた端末は返還する必要があります。例えば「途中で他社に乗り換える」など、以上の条件をクリアできない場合は、端末代金を全額支払わなければいけません。

つまり、この先どこかのタイミングで他社に乗り換える予定の方は、このプログラムだと損をしてしまうかもしれません。

図解 アップグレードプログラムEXの仕組み

アップグレードプログラムEXの場合(端末価格が7万2000円の機種)

f:id:dragon_post:20170712233218p:plain

24回分の支払いが不要になるので、実質価格3万6000円スマホを購入することが出来ます。

注意 条件を満たせない場合は高額な端末代金が発生する

今後、他社に乗り換える場合など適用条件を満たせない場合は、高額の端末代金が発生します。

f:id:dragon_post:20181027162919p:plain

例えば2年で「アップグレードプログラムEX」を解約した場合、残り2年の端末代金を支払う必要があります。結果的に、7万2000円もの高額な端末代金が発生します。

プログラムの適用条件を満たさない場合はこのようなリスクがあるのでご注意ください。今後、他社に乗り換え予定の方は、「2年契約」プランの選択をおススメします。

ソフトバンク「半額サポート」

2017年9月22日から始まった「半額サポート」とは、端末代金が最大半額になるサービスです。機種代金を48か月払いにして適用条件を満たすことで、25か月目以降(残り24回分)の端末代金の支払が不要となります。つまり、端末代金が実質半額になります。

プログラム料

無料

対象機種

f:id:dragon_post:20181027134422p:plain

f:id:dragon_post:20181027134437p:plain

加入条件と利用条件

半額サポートを受けるには、加入条件と適用条件を満たす必要があります。

加入条件

・対象機種を新スーパーボーナス(48回払い)で購入すること

・「データ定額50GBプラス」「ミニモンスター」「おてがるプラン」「データ定額ミニ1GB / 2GB」「データ定額5GB~50GB」「データ定額20GB(U18)」「データ定額パック標準、大容量(※)」「パケットし放題フラット for 4G / 4G LTE」のいずれかに加入すること

※家族データシェアの子回線は除く

適用条件

・対象機種を24か月利用後、25か月目以降に「半額サポート」の指定機種または「機種変更先取りプログラム」の指定機種に機種変更すること

・サービス加入時に購入した端末は機種変更の翌月末までにソフトバンクが回収、査定完了すること

※ 査定条件を満たせなかった場合は故障時利用料として2万円がかかります。(「あんしんパック with AppleCare Services【月額830円】」加入の方は2000円です。ただし、割賦残債務2万円以下の場合は割賦残債務相当額を上限とします)

図解 半額サポートの仕組み

ソフトバンクの「半額サポート」は、auの「アップグレードプログラムEX / EX(a)」とほとんど同じ内容です。表を使って解説しましょう。

ちなみに「半額サポート」は、現在ソフトバンクを利用している方のみ「月月割」との併用が可能です(2019年1月をもって終了します)。

 

iPhoneXS 256GBモデル(3230円×48か月払い)の場合

f:id:dragon_post:20181027152926p:plain

「正常に動く端末の回収」など条件を満たした場合は、端末価格が半額になります。

では2年間の利用後に他社へ乗り換えるなどして、サービスを解約したらどうなるのでしょうか?

 

2年後に解約した場合はどうなるの?

f:id:dragon_post:20181027152959p:plain

48回払いで契約しているので、残り24か月分の支払いが必要となります。

サポート未加入でも高額な端末代金が発生するので、半額サポートは加入しよう

新規契約や他社からの乗り換えの方を対象とした「月月割(端末割引サービス)」が2018年9月に廃止(機種変更は2019年1月まで適用可能)されてしまったので、半額サポートに加入しない「2年契約プラン」も「iPhone XS 128GBモデル」は端末代金が15万5040円かかります。

サポート条件を破った場合でもサポート未加入でも同額の端末代金になるので、新規契約や他社からの乗り換えでソフトバンクと契約する方は必ず「半額サポート」に加入しましょう。

3社共通の注意点 故障したスマホは返還の際に最大2万円かかる

スマホを返還することによって、端末代金が安くなる大手3社のサービスを紹介しましたが、どのサービスも注意すべき共通点があります。

それは「返還するスマホが故障していた場合、最大2万円の支払いが必要になる点」です。

「画面割れ」や「電源が入らない」「充電ができない」といった場合、故障時利用料として2万円を支払う必要があります。

補償サービスに加入していると、故障時利用料が安く済む

各会社が提供する補償サービスに加入していれば、故障時利用料が安く済みます。

故障が心配な方は必ず補償サービスに加入しておきましょう。

各サービスに加入した場合の故障時利用料は以下の通りです。

f:id:dragon_post:20190609154838p:plain

料金比較記事を見る

MNP比較記事

 

iPhone XR