トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

au「5G料金プラン」徹底解説!【4Gプランと比較してみた】

f:id:dragon_post:20200728150011j:plain

2020年3月26日にauで「5Gサービス」がスタートしました。

それと同時に「5G料金プラン」の提供も開始。

主なプランは、「ピタットプラン 5G」「データMAX 5G」「データMAX 5G Netflixパック」「データMAX 5G ALLSTARパック」の4種類。

この記事では、「5G料金プランの内容」や「割引サービス」「5Gが使えるエリア」「4Gプランとの違い」など、auの5Gプランについて徹底解説します。

※ 表示価格は特に断りがない限り全て税抜です

2020年8月4日更新)

新プラン1 ピタットプラン 5G

ピタットプラン5G 月額料金

最安3980円から使える従量制プラン

「ピタットプラン 5G」は、その月に利用したデータ量で月額料金が決まる従量制プランです。

4G向けでは「ピタットプラン 4G LTE」にあたるプランですね。

定期契約なしの場合は2年契約より月額170円高です。

定額制ではなく、データ消費量に合わせて3段階で料金が変わるシステムなので、データ量を余らせてお金を無駄にする事もありません。

新プラン2 データMAX 5G

データMAX5G 月額料金

5Gのデータ無制限プラン

「データMAX 5G」は、月8480円で、データ使い放題のプランです。

また、2GB以下しか使わなかった月は、自動的に1480円が割引されます

この点も4G向けプラン「データMAX 4G LTE」と同じです。

WiFiが使えない場所でも、動画やゲームなどアプリを思う存分楽しみたい方」や「通信制限を気にせずストレスフリーで使いたい方」にオススメのプランです。

注意点 データ無制限だが、条件によって制限あり

「データMAX 5G」はデータ無制限ですが、注意点が2つあります。

1つ目は「一定期間内に大量の通信があった場合は、混雑時間帯の速度制限があること」です。

2つ目は「通信内容によっては月間30GBまでしか使えない場合があること」です。

以下の通信については月30GBまでしか使えませんのでご注意ください。

・デザリング通信

・「データシェア」利用のシェア子回線通信

・海外でのデータ通信

新プラン3 データMAX 5G Netflixパック

データMAX5GNetflixパック 月額料金

「ネトフリ」と「TELASA」が見れるお得な5Gプラン

「データMAX 5G Neflixパック」は、データ無制限で、動画サービス「Netflix」のベーシックプラン(通常は月額800円)と「TELASA(旧auビデオパス)」が使えるお得なプランです。

月額料金は9480円。

「データMAX 5G」との月額料金の差額は1000円。

つまり、月額1362円分の動画サービス(「ネトフリ」「TELASA」)が1000円で使える計算となります。ちょっぴりお得ですね。

映画やドラマ、アニメなどの動画コンテンツを存分に楽しみたい方は、こちらのプランがオススメです。

デザリングやデータシェアの上限が60GBと、「データMAX 5G」の2倍

以下の通信は月60GBまでと上限が設定されています。

・デザリング通信

・「データシェア」利用のシェア子回線通信

・海外でのデータ通信

「データMAX 5G」と比べると、2倍多いデータ量なので、お得度はこちらの方が高いです。

追加料金を支払えば、「Netflix」の上位プランに変更できる

Netflix」は、追加料金を支払えば、スタンダードプランやプレミアムプランに変更できます。

au Netflix コース変更

新プラン4 「データMAX 5G ALL STARパック」

データMAX5GALLSTARパック 月額料金

「データMAX 5G ALLSTARパック」は、動画サービス「Netflix」と「TELASA」に加えて、「YouTube Premium」と音楽聴き放題サービス「Apple Music」が利用出来るエンタメコンテンツを満喫したい方にオススメのプランです。

4Gプランにはこれと同じ形式のプランは無いので、5G限定の特別プランです!

もちろんデータ使い放題。

月額料金は1万980円。

月額料金で考えると、「データMAX 5G」との差額は2500円。

つまり、通常月額3522円発生するサービスが2500円で利用できるという事なので、月1000円以上もお得な計算です。

月額料金は高めですが、動画だけでなく、音楽も自由に楽しみたい方には、非常にコスパの優れたプランになっています。

デザリングやデータシェアも80GBまで使える!

以下の通信は月80GBまでと上限が設定されています。

・デザリング通信

・「データシェア」利用のシェア子回線通信

・海外でのデータ通信

データ上限は「データMAXプラン」の中で最も多い80GB。デザリングなどのデータ通信も頻繁に行う方にもオススメです。

通話オプション(加入は任意)

かけ放題を使いたい方は、「通話オプション」を利用しましょう。

月額料金

au 通話オプション 通話定額2 通話定額ライト2

※ 「家族割」の加入者のみ適用

通話オプションは2種類

通話オプションは2種類。

「通話定額ライト2」は、月800円で、1回に付き5分以内の通話が無料になるサービスです。5分を超えると、30秒につき20円の通話料が発生します。

「通話定額2」は、月1800円で、24時間いつでもどこでも何度かけてもかけ放題のサービスです。

加入は任意なので、普段通話をあまりしない方はオプションに加入しないで大丈夫です。

対象

「ピタットプラン 5G」「データMAX 5G」

「データMAX 5G Netflixパック」

「データMAX 5G ALL STAR パック」

「通話定額(ライト)2」には、留守番や割込通話などのサービスが含まれる

「通話定額ライト2」と「通話定額2」は、月額400円かかる「電話きほんパック(V)」のサービスが無料で使えます。

利用出来るサービス

・お留守番サービスEX

待ちうた

・割込通話

三者通話サービス

・迷惑電話撃退サービス

デザリングオプション

au5G デザリングオプション 無料

5Gプランは、デザリングの月額料金がかかりません。

無料です。

【注意】 「無制限プラン」はデザリングに上限がある

ただし、「データMAX 5G」はデザリング通信が月30GBまで、「データMAX 5G Netflixパック」は月60GBまで、「データMAX 5G ALL STARパック」は月80GBまでしか出来ませんので注意が必要です。

2年契約Nの解約金は1000円

「2年契約Nプラン」の契約解除料は1000円です(自動更新月なら解約金0円)。

一方で、「定期契約なしのプラン」はいつでも解約金0円ですが、2年契約のプランより月額料金が170円高です。

「定期契約なしのプラン」を6カ月間利用すると、「2年契約Nプラン」より1020円多く支払う計算となります。

2年契約の解約金1000円を上回るので、短期で使う訳じゃない方にとっては、2年契約プランの方がお得です。

自動更新月

契約期間が定められているプランを解約した際に、解約金のかからない期間の事です。

2年契約Nの場合、契約満了月とその翌月、翌々月の3か月間は、解約金0円で解約する事が出来ます。

期間限定割引キャンペーン 「5Gスタートキャンペーン」

5Gプランに加入すると、25カ月間にわたって毎月1000円の割引が受けられます。

つまり、最初の2年間は「4G向けプラン」と同じ月額料金で5Gプランが使えます!

受付期間

2020年3月26日~2020年8月31日

対象プラン

「ピタットプラン 5G」

「データMAX 5G」

「データMAX 5G Netflixパック」

「データMAX 5G ALL STARパック」

割引サービス1「スマホ応援割Ⅱ」

「データ無制限プラン」に加入した方は、最大で毎月1500円の割引が6カ月間適用されます。

注意

過去に「スマホ応援割」「スマホ応援割プラス」「スマホ応援割20」「auデータMAXプランスタートキャンペーン」が適用された方や、「auデータMAXプラン Pro」もしくは「auデータMAXプラン Netflixパック」でauの学割が適用された方は対象外です。

受付期間

2020年3月26日~

※終了時期は未定

割引額

割引額

「データMAX 5G」:毎月1000円の割引

「データMAX 5G Netflixパック」:毎月1200円の割引

「データMAX 5G ALLSTARパック」:毎月1500円の割引

割引サービス2 「家族割プラス」

同一住所にお住まいの家族は、条件を満たした回線数に応じて、各回線ごとに毎月最大2020円割引されます。

「家族割」との併用も可能。

4人以上の家族で、データ無制限プラン加入者(Netflixパック含む)は、毎月2020円の割引が受けられるので、非常にお得です。

提供開始日

2019年9月3日~

毎月の割引額

au 5G 家族割プラス 毎月の割引

 

割引の対象プランと回線数のカウント対象プラン

家族割プラス 割引対象プラン 回線数のカウント対象プラン

モデルケース

割引の仕組みを分かりやすく解説するために、モデルケースを用意しました。

4人家族の例をご覧ください。

f:id:dragon_post:20200728133554p:plain

まず最初に回線数を見ていきましょう。

家族全員カウント対象プランに加入しているので、カウント数は4回線となります。

次に割引対象と割引額について。

「ピタットプラン 5G」に加入している母には、毎月1000円の割引が適用され、「データMAX 5G」に加入している息子は毎月2020円の割引が適用されます。

一方、父と娘は回線のカウント対象ですが、割引対象プランと契約していないので、割引されません。

注意点 基本的に適用されるのは同一住所の家族のみ

「家族割プラス」で割引が適用されるのは、同一住所にお住いの家族のみです。

別住所でも割引が適用されるのは、以下の対象固定通信サービスを契約している50歳以上の方だけとなっています。

au 家族割プラス 対象固定通信サービス

※ 「ネット+電話」「ネット+テレビ」「テレビ+電話」を同一固定通信サービスで加入の場合に限る

50歳未満の離れて暮らす家族も「家族割プラス」に加入できるキャンペーン開催中

auショップ(実店舗)で手続きの場合、上記の条件に関わらず、対象プランに加入していれば、住所の異なる家族でも「家族割プラス」に加入できます。

手続きの場合は家族関係証明書が必要となるので、必ず持っていきましょう。

 

対象プラン

f:id:dragon_post:20200728133620p:plain

キャンペーン期間

2019年12月20日

割引サービス3 「auスマートバリュー」

5Gプランも「auスマートバリュー」の割引対象です。

毎月の割引額

au 5G スマートバリュー 毎月の割引額

※「ピタットプラン 5G」の場合、データ量が1GB未満の月は割引が適用されません

割引を含めたプラン料金まとめ

割引サービスを含めたプラン料金をまとめてみました。

「データMAX 5G」

au データMAX5G 割引を含めた月額料金

「データMAX 5G Netflixパック」

au データMAX5GNetflixパック 割引額を含めた月額料金

「データMAX 5G ALLSTARパック」

au データMAXALLSTARパック 割引額を含めた月額料金

「ピタットプラン5G」

au ピタットプラン5G 割引額を含めた月額料金

通話定額ライト2

f:id:dragon_post:20200728134107p:plain

通話定額2

f:id:dragon_post:20200728134155p:plain

4Gプランとの違いは?【プラン内容、料金】

auの5Gプランは、4G向けのプランと何が違うのでしょうか?

内容と料金を比較してみました。

【プラン内容】 「ALLSTARパック」は5G限定のプラン

タイプ別に見ると、4G向けと5G向けのプランはほとんど同じ構成です。

唯一の違いは「ALL STARパック」の有無です。

様々なエンタメコンテンツが使える「データMAX 5G ALL STARパック」にあたるプランは、4G向けプランには存在しません。

5G限定の特別プランとなっています。

【料金】 4G料金より月額1000円高

次に料金について。

どのプランも月額料金は4Gより5Gの方が1000円高です。

年間で計算すると、1万2000円の差があります。

割引サービスの割引額やデザリング料金などは全て同じ。

違うのは基本プランの月額料金だけです。

auでは、現在「5Gスタートキャンペーン」が開催中で、最初の25カ月間は4G向けプランと同じ料金で利用する事が出来ます!

5Gスマートフォンのラインナップ

auが現在発売中、または発売を予定している5G対応のスマートフォンは全部で9種類です(2020年8月現在)。

5G対応スマートフォン

Xperia 1Ⅱ

・Galaxy S20 5G

・Galaxy S20 +5G

・Galaxy S20 +5G BTS Edition(オンラインショップ限定)

・Galaxy S20 Ultra 5G

AQUOS R5G

OPPO Find X2 Pro

・Mi 10 Lite 5G(2020年夏発売予定)

・ZTE al(2020年8月5日発売)

割引キャンペーン 「5G夏トク機種変更キャンペーン」

2020年7月10日に「5G夏トク機種変更キャンペーン」がスタートしました。

2020年9月30日までのキャンペーン期間中に、5G端末への機種変更と同時に「データ無制限プラン」に加入すると、機種代金から5500円(税込)が割引されます

条件

・機種変更で5G対応端末を購入

・「データMAX 5G」「データMAX 5G Netflixパック」「データMAX ALLSTARパック」のいずれかに加入すること(もしくはすでに加入していること)

対象機種

Xperia 1Ⅱ

・Galaxy S20 5G

・Galaxy S20 +5G

AQUOS R5G

OPPO Find X2 Pro

・ZTE al

5G対応のiPhoneはいつ登場する?

2020年8月現在、発売済の「iPhone」で、5Gに対応している機種は存在しません

次のiPhone最新作「iPhone12(仮称)」が5G対応になるという話はあるものの、まだ正式な情報ではありません。

iPhoneの新機種は毎年9月が発表されるのが恒例ですが、今年は10月から11月に延期されるとの見方が濃厚です。

もしかしたら、今年の秋には5G対応の「iPhone」が登場するかもしれません。

端末代金を含む携帯料金の目安

端末代金を含む携帯料金がどのくらいになるのか実際に計算してみました。

「4G向けプラン」との比較もしてみたいと思います。

料金比較する際の条件設定

比較をシンプルにするため、条件を設定します。

・どちらも回収プラン(かえトクプログラム)を利用したプランで計算する

・5Gスマホは「Xperia 1Ⅱ」、4Gスマホは「Xperia 5」を例とする(どちらも高性能スマホ

・5Gの「Xperia 1Ⅱ」に関して、条件を満たすものは「5G夏トク機種変更キャンペーン(5500円の割引【税込】)」を適用した価格とする

・機種変更時の料金を計算する

・通話は「かけ放題(通話定額2)」とする

・学割は適用しない

・「auスマートバリュー」は付けない

・3人家族の比較では、1人が「データMAXプラン」、2人が「ピタットプラン【4GB】」を使うとする

比較1 1GB

au 5G 4G 月額料金 比較 1GB

比較2 4GB

au 5G 4G 月額料金 比較 4GB

比較3 データ無制限

au 5G 4G 月額料金 比較 データ無制限

比較4 3人家族

au 5G 4G 月額料金 比較 ピタットプラン5G データ無制限 3人家族

Xperia 1Ⅱ」は最安で月7700円台で運用可能

どのデータ量も4G向けプランに比べて、5G「Xperia」の方が月700円~1000円ほど高いという結果になりました。

4Gとの違いで説明した通り、5Gプランの月額料金は最初の2年間だけ4G向けと同じ料金です。

料金に差があったのは「端末代金」

Xperia 1Ⅱ」は5G端末に加えて、「高性能」かつ「発売直後の端末」ということもあって、「Xperia 5」より高い価格となっています。

ちなみに7月に発売されたOPPO Find X2 Pro(5G対応)」は、約5万182円(かえトク適用時)と、4G向けの「Xperia 5」と同じような価格設定となっており、毎月1GBの利用なら、月6800円台での利用が可能です。

性能は「Xperia 1Ⅱ」に劣るミドルレンジ帯のスマホですが、価格は2万円以上も安いです。

「データ無制限プラン」も「Xperia 1Ⅱ」だと、月1万2000円近くかかりますが、「OPPO Find X2 Pro」なら月1万1000円を切る価格で使えます。

5Gが使えるエリア

2020年8月時点で見ると、5G通信が使えるエリアはまだ非常に狭いです。

例えば東京の場合、「有楽町駅周辺」や「新大久保駅周辺」など、範囲が点在的で、広いエリアで使える場所もまだありません。

全国エリアで使えるようになるには、2~3年ほどかかる

「電波干渉」や「5G向け周波数」の問題で、エリアを簡単に広げられない経緯もあり、残念ながらすぐに全国で使えるわけではありません。

au総務省に提出した「2024年の5G基盤展開率」で全国93.2%の計画を立てています。また、KDDIの高橋誠社長は、「2022年度末までには『4G LTE』と同等のエリアに持っていきたい」と見通しを話しており、全国の広いエリアで使えるようになるには早くても2~3年かかる見通しです。

5Gプランまとめ

最後に5Gプランのメリットとデメリットをまとめてみました。

5Gプランのメリットとデメリット

メリット

・最初の25カ月間は、4G向けプランと同じ料金で使える(5Gスタートキャンペーン適用)

・「データMAX ALL STARパック」は、5G限定でエンタメが思う存分楽しめるお得なプラン

・「家族割プラス」や「auスマートバリュー」などの割引額は4G向けとほぼ同じ構成

・「5Gスタートキャンペーン」など、5G向け割引プランがいくつか用意されている

デメリット

・5Gスマートフォンの端末価格が全体的に高い

・5Gが使える場所は非常に限られている(5Gエリア以外は4G回線を利用)

・5G向けのiPhoneはまだ未発売

・基本プランの月額料金は4Gより1000円高

主力のAndroidスマホは、ほとんどが5G対応で発売されている

auで2020年の夏モデルとして発売されたAndroidスマホのハイスペック機種は、全て5G対応のスマホです。

人気の「Xperia」シリーズや「Galaxy」シリーズも、高性能端末は5G機種でリリースされていて、4G向けとして発売されたスマホは、価格がお手頃なミドルレンジ帯の機種となっています。

今後もAndroidスマホの各メーカーの主力商品は、「5Gスマホ」になる見通しです。

iPhone」も2020年発売予定の新作で5G対応になる事が予想されており、5Gスマホ市場はますます勢いを増してくるでしょう。

auでは8月までに5Gプランに加入すれば「5Gスタートキャンペーン」が適用され、最初の2年間は4Gプランと同じ料金で5Gサービスが利用出来るので、4Gと比べて携帯料金の大きな差もありません。

ただ、今のところはまだ5G通信が使えるエリアはかなり限られていますので、「高性能スマホが欲しい方」以外のユーザーは、まだ4G端末でも良いと思います。

公式ページ

au公式HP

5G関連記事