トクマナビ

日常生活を送る上で、お得なサービスや商品を紹介するサイトです。ケータイ・格安SIMや節約術の話題が多め。

新「iPhoneSE」は機種変更と乗り換えのどちらがお得?【徹底比較】

f:id:dragon_post:20200423174018j:plain

2020年5月11日にiPhone最新作「iPhone SE(第2世代)」がドコモ、auソフトバンクの大手3社から発売されました。

iPhoneSE使うなら、機種変更と乗り換えのどちらの携帯料金が安いのでしょうか?

データ通信量別、ユーザー別に機種変更と乗り換えの料金を算出し、ドコモ、auソフトバンクの携帯料金を徹底比較してみました。

auオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万2000円が割引される「au Online Shopお得割」開催中!

ソフトバンクオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万1600円が割引される「web割」開催中!

・自宅受取の契約で事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中!

スマホ乗り換えドットコム」「おとくケータイ.net」」ソフトバンク正規代理店)

最新作「iPhoneSE」の予約現金2万円のキャッシュバック(or 2万1984円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中!

 

詳しい内容は「おすすめショップとお得キャンペーン情報」で紹介している各ショップの解説記事をご覧ください。

2020年8月4更新)

価格は全て税抜きで表示しています

iPhone SEの端末価格比較

ドコモ、auソフトバンクの「iPhone SE」の価格を見てみましょう。

端末価格はドコモが「新規契約、乗り換え」と「機種変更」で異なります。

今回、「回収」と「回収なし」の2パターンの端末価格を記載しています。

「回収」:2年後にスマホの返還(下取り)を前提とした端末割引サービスを利用(ドコモ『スマホおかえしプログラム』、au『かえトクプログラム』、ソフトバンクの『トクするサポート+』)

 

「回収なし」スマホを返却しない(下取りに出さない)

「iPhoneSE(第2世代)」の端末価格

機種変更

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 端末価格 機種変更

 

乗り換え

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 端末価格 乗り換え

機種変更はau、乗り換えは公式の実店舗ならドコモが安い

iPhoneSEは64GBモデルなら、2~3万円台で入手可能。

iPhone11より大体2万円程度安いので、今のiPhoneとしてはかなり安い価格設定だといえます。

表を見ても分かる通り、ドコモ「スマホおかえしプログラム」、auの「かえトクプログラム」、ソフトバンクの「トクするサポート+」を利用すると、端末価格が安くなります。それぞれのサービス内容については後ほど解説します。

機種変更ならauが安いです。

ただ、「端末回収プラン」に関しては、ソフトバンクの端末価格もauとほとんど変わりません。

乗り換えの場合、公式ショップの実店舗で契約するなら、ドコモが最も安いです。

ドコモの端末割引キャンペーン「端末購入割引」が最新のiPhoneSEにも適用され、他社から乗り換え(MNP)なら2万円(税抜)が割引されます。

ソフトバンク正規代理店なら、iPhoneSE64GBモデルが実質0円になるケースもあり

auソフトバンクでも他社からの乗り換え向けに、以下のような2~3万円相当の割引キャンペーンを開催しています。

auオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万2000円が割引される「au Online Shopお得割」開催中!

ソフトバンクオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万1600円が割引される「web割」開催中!

・自宅受取の契約で事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中!

スマホ乗り換えドットコム」「おとくケータイ.net」」ソフトバンク正規代理店)

最新作「iPhoneSE」の予約現金2万円のキャッシュバック(or 2万1984円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中!

auソフトバンクのキャンペーンを利用した場合は、端末価格がドコモより安くなります。

スマホ乗り換え.com」と「おとくケータイ.net」のキャンペーンを利用すれば、実質0円でiPhoneSE(64GB)が手に入り、かつ3000円を超える分のプレゼントが付いてくる計算なので、非常にお得です。

ネットだけでなく、電話での相談も受け付けていますし、実店舗で契約する事も可能です。

乗り換え、機種変更時の手数料

他社への乗り換えや機種変更には、手数料がかかります。

意外と無視できないコストなので、忘れずに確認しておきましょう。

2019年10月から解約金制度が大幅に変更

2019年10月から、ドコモとauでは2年契約時の解約金が9500円から1000円に変更となりました。

一足早く2019年9月13日にスタートのソフトバンクの新プランは、なんと2年契約が廃止され、解約金が0円となりました。

乗り換えにかかるコストが低くなり、今まで以上に他社への乗り換えがしやすくなっています。

乗り換えにかかる手数料

通常、MNP(乗り換え)をする場合は以下の手数料がかかります。

乗り換え手数料

解約金アリの場合

契約解除料(1000円)+MNP転出料【乗り換え前の携帯会社】(2000~3000円)+契約事務手数料【新しい契約先】(3000円)= 6000円~7000円

 

解約金ナシの場合

MNP転出料(2000~3000円)+契約事務手数料(3000円)= 5000円~6000円

 

大手3社の手数料一覧

f:id:dragon_post:20200405145529p:plain

今回の比較では、全て解約金0円で乗り換えすることを条件に計算をしています。

解約金ゼロで他社へ移行したい場合は、2年契約終了後の自動更新月MNPする必要があります(もしくは「定期契約なしプラン」を利用する)。ちなみに2019年9月スタートのソフトバンク新プランは全てのプランが定期契約なし、解約金0円です。

他社への乗り換えを検討する際は、携帯ショップなどで現在の契約期間を確認することをお忘れなく。

機種変更にかかる手数料

機種変更をする際にも手数料がかかります。

ちなみにドコモオンラインショップでは手数料がなんと無料(店舗では2000円~3000円)です。

3社の機種変更手数料は以下の表をご覧ください。

f:id:dragon_post:20181029174054p:plain

※ 今ならソフトバンクもオンラインショップで契約すれば、3000円割引されて、実質無料です(Webトクキャンペーン)

料金比較の条件設定

比較を分かりやすくするために、条件を設定します。

ソフトバンクは2020年3月12日スタートの新プラン、auは2020年6月2日から始まった新プランで計算しています。

条件設定

条件設定は以下の通りです。

条件設定

・個人で利用するケースで比較

・「2年後に端末を返還することを条件としたプラン(端末回収プラン)」で比較する(ドコモ「スマホおかえしプログラム、au「かえトクプログラム」、ソフトバンク「トクするサポート+」」)

・「iPhoneSE 64GBモデル」を購入する

・乗り換え時の解約金は0円

・長期ユーザー向けの割引は適用しない

・乗り換え時は「MNP転出料」と「契約事務手数料」がかかる

・機種変更には「機種変更手数料」がかかる

・ドコモとauユーザーの機種変更は2000円とする

・ドコモのMNP転出料は2000円とする

端末回収プランを知らない方へ

ドコモの「スマホおかえしプログラム」、auの「かえトクプログラム」、ソフトバンクの「トクするサポート+」のサービス内容を詳しく知らない方は、端末回収プラン解説記事をご覧ください。

料金比較 1GBプラン

1GBプランではどの携帯会社がお得でしょうか?

料金比較

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 1GB 料金比較

 

ユーザー別「2年間の合計金額」比較(かけ放題ライトプラン)

f:id:dragon_post:20200617152622p:plain

※ 他社からドコモへ乗り換えの場合は「端末購入割引」が適用されるので、端末価格から2万円(税抜)割引した価格で計算しています

 

auのオンラインショップ特典」、「ソフトバンク正規代理店の特典」を利用した場合

f:id:dragon_post:20200617152645p:plain

ドコモユーザーならau、それ以外は契約方法によってオススメが異なる

1GBプランはドコモユーザーならauへの乗り換え、それ以外のユーザーは契約方法によってオススメの会社が異なります。

ドコモとソフトバンクユーザーがauオンラインショップを利用した場合、「au OnlineShopお得割」で2万円(税抜)の端末割引が適用されて、実質6000円台(64GBモデル)で最新のiPhoneが手に入ります。

一方で、公式ショップの利用なら、ドコモがお得です。

ドコモはオンラインショップだけでなく、実店舗の契約でも乗り換えの方向けの端末割引キャンペーン(「端末購入割引」)が適用されます。

公式ショップでの契約にこだわりたい他社ユーザーは、ドコモへの乗り換えがオススメです。

料金比較 2GBプラン

料金比較

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 2GB 料金比較

※ ドコモとauは2GBでも同じ料金

 

ユーザー別「2年間の合計金額」比較(かけ放題ライトプラン)

f:id:dragon_post:20200617152712p:plain

※ 他社からドコモへ乗り換えの場合は「端末購入割引」が適用されるので、端末価格から2万円(税抜)割引した価格で計算しています

 

auのオンラインショップ特典」、「ソフトバンク正規代理店の特典」を利用した場合

f:id:dragon_post:20200617152731p:plain

従量制プランで1GB超えるなら、ドコモがベスト

毎月のデータ量で料金が決まる従量制プラン(ドコモ「ギガライト」、au「ピタットプラン4GLTE」、ソフトバンク「ミニフィットプラン」)でiPhoneSE使うなら、ドコモがベストです。

ドコモでは、他社からの乗り換え(MNP)でiPhoneSE(第2世代)を買うと、端末割引(端末購入割引)が適用されるので、とてもお得です。オンラインショップだけでなく、実店舗での契約でも割引が受けられる点に魅力があります。

機種変更は割引対象外ですが、それでもauソフトバンクに比べて料金が安いです。

公式ショップでの契約を考えている方は、ドコモでの購入をオススメします。

auの「ピタットプラン4GLTE」は2GB超えた場合、4GBまで料金が変わりません。料金プランで見ると月額100円しか変わらない料金で、ドコモより1GB多く利用出来ます。

また、他社からの乗り換え(MNP)でauオンラインショップでSEを購入すれば、最大2万2000円(税込)の端末割引が適用されて、auユーザー以外はドコモの携帯料金より安くなります。

ソフトバンクのミニフィットプランは3社の中で唯一割引サービスがあるものの、他社と比べて料金が高く設定されています。

料金比較 5GBプラン

料金比較

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 5GB 料金比較

 

ユーザー別「2年間の合計金額」比較(かけ放題ライトプラン)

f:id:dragon_post:20200617152800p:plain

※ 他社からドコモへ乗り換えの場合は「端末購入割引」が適用されるので、端末価格から2万円(税抜)割引した価格で計算しています

 

auのオンラインショップ特典」、「ソフトバンク正規代理店の特典」を利用した場合

f:id:dragon_post:20200617152819p:plain

5GBならドコモ一択、5GB~7GB使うならauもオススメ

毎月5GB以内に抑えられる方は、どのユーザーもドコモがお得

例えば、ソフトバンクユーザーがドコモへ乗り換えた場合、そのまま機種変更するより、2年間で5万円以上も安いです。

ただ、5GB~7GB使うなら、auも負けていません。

5GB~7GBのデータ量で、通話定額オプションを使わないケースでは、ドコモとauは同じ料金です(通話定額オプションを使うと、ドコモの方が月100円安い)。

ドコモユーザーは乗り換えでauオンラインショップ特典を利用すれば、2万円の端末割引が受けられて、ドコモで「iPhoneSE」を買うよりも安く端末が手に入ります。

ソフトバンクは他社に比べて料金が高いので、ドコモかauへの乗り換え(MNPをオススメします。

料金比較 30GB以上のプラン

料金比較

iPhoneSE 第2世代 ドコモ au ソフトバンク 30GB以上 料金比較

 

ユーザー別「2年間の合計金額」比較(かけ放題ライトプラン)

f:id:dragon_post:20200617152845p:plain

※ 他社からドコモへ乗り換えの場合は「端末購入割引」が適用されるので、端末価格から2万円(税抜)割引した価格で計算しています

 

auのオンラインショップ特典」、「ソフトバンク正規代理店の特典」を利用した場合

f:id:dragon_post:20200617152921p:plain

ドコモも安いが、キャンペーンを使えばソフトバンクがベスト

動画やゲーム、音楽などの存分に楽しみたい方にオススメの大容量プラン。

公式ショップでの契約で比較するなら、ドコモが安いです。

ただし、ソフトバンク正規代理店の特典を使えば、ドコモやauユーザーはソフトバンクへの乗り換えが最もお得

スマホ乗り換えドットコム」や「おとくケータイ.net」では、2万円の現金キャッシュバックに加えて、1万円相当のPayPayボーナスライトも付いてきます。

iPhoneSEが実質0円で手に入る上に、3000円以上のボーナスがもらえるので非常にお得。PayPayボーナスなしでも実質6000円台でゲット出来る計算ですね。

auユーザーにとっては、PayPayボーナスを使わないとしても2年間で1万5000円以上も安い料金で利用できます。

ソフトバンクのメリハリプランは主要な動画サービス(プライムビデオやYouTube、AmemaTVなど)とSNS(LINE、Twitter、インスタ)が使い放題で、更に50GB使えるので、人によっては実質使い放題と言っても過言ではありません。

30GB以上の場合、ソフトバンクユーザーはドコモ、ドコモとauユーザーはソフトバンクへの乗り換えで「iPhoneSE」を購入するのがベストといえます。

auオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万2000円が割引される「au Online Shopお得割」開催中!

ソフトバンクオンラインショップ

・他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を購入すると、最大2万1600円が割引される「web割」開催中!

・自宅受取の契約で事務手数料、機種変更手数料相当の3000円が割引される「Webトクキャンペーン」開催中!

スマホ乗り換えドットコム」「おとくケータイ.net」」ソフトバンク正規代理店)

最新作「iPhoneSE」の予約現金2万円のキャッシュバック(or 2万1984円の端末割引)と1万円相当のPayPayボーナスライトがもらえる「iPhoneSEキャンペーン」開催中!

 

詳しい内容は「おすすめショップとお得キャンペーン情報」で紹介している各ショップの解説記事をご覧ください。

iPhoneSE(第2世代)の特長

特長1 iPhone8以来となるホームボタン付きの「Touch ID」を採用

あのホームボタンがiPhoneに帰ってきました!

新iPhoneSEは、iPhone8(8Plus)以来となるホームボタンでの指紋認証「Touch ID」を採用。

その代わりに「Face ID」は非対応です。

今となっては、マスクだと上手く認証できない「Face ID」より、ホームボタンでスムーズに入れる「Touch ID」の方が便利かもしれません。

iPhone8ユーザーは、引き続き同じ機能が使えるので安心です。

特長2 最新の「A13 Bionic」採用で、iPhone11と同じ性能を誇る

価格が安いからといって、能力が落ちる訳じゃありません。

iPhone SE」はプロセッサに最新チップである「A13 Bionic」を搭載。

処理能力は「iPhone11シリーズ」と同じレベル。XRや8を上回る能力を持ち、よりスムーズなスマホ操作が実現しています。

3Dゲームなどをヌルヌルした動作で快適に楽しみたい方にとっては、もってこいです。

特長3 ディスプレイやカメラ機能は「iPhone8」とほぼ同じ

「iPhoneSE」は約4.7インチのワイドスクリーン液晶ディスプレイを採用。

背面カメラは1つだけ(シングルカメラ)で、画素数は約1200万画素。インカメラは約700万画素。

これらの点は、「iPhone8」と全く同じです。

オールディスプレイ(全面スクリーン)採用で、背面カメラに2つレンズ(デュアルカメラ)が付いてる「iPhone11」に比べると、若干劣ります。

カメラ機能で「iPhone8」と違うのは、ポートレートモードを搭載している事。

iPhone SE」でも背景をぼかした写真がちゃんと撮れます。

ちなみに防水機能もiPhone8と同じ「IP67(水深1mで最大30分の耐水機能)」です。

「iPhone11」は「iP68(水深2mで最大30分の耐水機能)」なので、1段階レベルは落ちますが、それでも十分な防水性能を誇ります。

まとめ 「iPhoneSE」は、iPhone11の能力を備えた進化版「iPhone8」だ

特徴の解説からも分かる通り、新「iPhoneSE」はiPhone11の能力を備えた「進化版iPhone8」といえます。

カメラ機能やインカメラの画素数、背面カメラのレンズ数、防水機能など、いくつかの項目でiPhone11に劣りますが、何より「価格の安さ」を考えれば機能面は十分だと評価出来ます。

プロセッサはiPhone11と同じ「A13 Bionic」なわけですから。

また、コンパクトなiPhoneを求めていた方やホームボタンに慣れていた方にとって、iPhoneSEは最高のデバイスです。

「iPhone8」を愛用していたユーザーには、間違いなくオススメ出来るiPhoneだといえます。

カラー

iPhone SE」は3種類のカラー展開です。

カラー

ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED

スペック比較

iPhoneSE 第2世代 スペック 比較 iPhone11 iPhone8

おすすめショップとお得キャンペーン情報

オンラインショップ

現在、ドコモ、auソフトバンクでは「iPhone SE」を販売中。

各キャリアの公式オンラインショップでも購入が可能です。

2020年8月現在、auオンラインショップでは対象機種が最大2万2000円割引となる「au OnlineShopお得割」、ソフトバンクオンラインショップでは対象機種が最大2万1600円割引となる「web割」、契約事務手数料3000円が割引される「Webトクキャンペーン」が開催中です。

オンラインショップの契約の仕方については、利用ガイド解説記事をご覧ください。

ソフトバンクへの乗り換えは、「スマホ乗り換え.com」「おとくケータイnet」がおすすめ

f:id:dragon_post:20191004164211p:plain

ソフトバンクへ乗り換えの方は「スマホ乗り換え.com」と「おとくケータイ.net」がおすすめです。

ソフトバンク正規代理店なので、契約も安心。

共に累計販売台数は30万台を突破している実績があります。

一番の魅力は、なんといっても「現金キャッシュバック制度」です。ここで契約すると、公式店舗では受けられない高額キャッシュバックがもらえます。

実店舗もあり、予約制なので、「待ち時間なし」で手続きが可能。また、ネット(郵送)での契約も受け付けているので、わざわざ店舗に行かずに済みます。

「キャッシュバックキャンペーンの詳細」や「申し込み方法」、「キャッシュバックが提供できる理由」など、より詳しい情報は各ショップの解説記事をご覧ください。

特別キャンペーン 「iPhoneSEキャンペーン」

f:id:dragon_post:20200514131048p:plain

スマホ乗り換えドットコム」と「おとくケータイ.net」では、他社からの乗り換えで「iPhoneSE」を予約すると、なんと2万円の現金キャッシュバックがゲット出来ます!

機種変更でも5000円のキャッシュバックがもらえます!

加えて、Yahoo公式サイト(Yahooクーポン)で事前にクーポンを取得し、契約の際に提示するだけで、1万円のPayPayボーナスライトがもらえます。

コンビニや家電量販店などPayPay加盟店での支払いに利用出来るので、とてもお得です。

キャンペーン期限

スマホ乗り換えドットコム:未定

おとくケータイ.net:未定

対象機種

「iPhoneSE」

特典内容

2万1984円の端末割引(-916円×24回) or 2万円の現金キャッシュバック

1万円相当のPayPayボーナスライト(事前にクーポンの取得が必要)

キャンペーン適用条件

1.au回線かdocomo回線、ワイモバイルからの乗り換え(audocomo回線のMVNOも対象)または新規契約であること

※ 機種変更は対象外(「おとくケータイ」のみ)

2.端末とソフトバンク回線のセット購入であること

※ スマホ乗り換え.comは好きなプランでOK、おとくケータイは「メリハリプラン」もしくは「ミニフィットプラン」に加入する必要あり

PayPay特典の条件

1.au回線かdocomo回線、ワイモバイルからの乗り換え(audocomo回線のMVNOも対象)または新規契約であること

※ 機種変更は対象外だが、3Gから4Gへの契約変更は対象

2.「メリハリプラン」or「ミニフィットプラン」を契約する事

3.前々月末までに「Yahoo JAPAN ID」を取得しておくこと

4.Yahooの公式サイトでクーポンを取得する事

iPhoneSE予約キャンペーンを申し込む方は、こちらのリンクから移動してください。

公式ぺ―ジ

スマホ乗り換え.com

実店舗

キャリアの公式ショップなら、直接専門スタッフに相談しながら、プランが決められるので、何かと安心です。

実際の端末を触れられる点にも魅力があります。

ただし、待ち時間が2~3時間、場合によっては更に長い時間待たされるのは大きなデメリットです。

公式ショップでは予約も受け付けているので、積極的に利用しましょう。

ただ、事前予約していても、30分ほど待たされてしまう事がありますので、ご注意ください。